木登り2回目 今回は12mくらい登ったぞ

やりましたよ木登り。

やっぱり、相当、怖いです。

落ちたら、死なないように、ケガで済むように、出来れば何事もないように、今回は、落ちることも考えて、落ちるべき場所を整えてから登りました。

でも、むやみに、草木を切ると、落ちた時に「ブスッ!」と、ハリウッド映画エンディングで、敵がビルから落ちてグサッ!みたいなことにならないように、カットした草木の根元まで丁寧にカットしておきましたよ。

頭の中で、クラヴマガで練習した受け身をイメージして・・・

って、木の上から下見たら、受け身が通用する高さじゃねーよ。

<地上は、葉っぱのずっと下>

でも、今回は、ちょいと楽しました。

というか、それが普通か?

まずは、ハシゴを持って斜面を登って、なんとかかんとか、ハシゴを木に立てかけて、それからのぶってみた。

・・・楽じゃん。

とりあえず、3mくらいまでは、ハシゴを登って到達。

あと3mくらいで、木の枝に手がとどく。

僕の身長+手の長さからすれば、2歩程度上に上がれば、枝に手が届いて、あとは、腕力で体を持ち上げればーーーー!

登れました。

あとは、枝を伝って。

と云う簡単なわけにはいくわけもなく、途中も、足につけた爪でうんせ、うんせと上の枝へ。

それでも、前回の、全く枝のないところを、一歩、また一歩と登るよりもだいぶ楽でしたよ。

で、とりあえず、12mくらい登りました。

<あっちの尾根が見えます。ちなみに、あっちの尾根まで自分ちです>

で、目的は、木の枝剪定ですから、腰につけたカーブソーを取り出して、「おりゃー!!!」気合いを入れて、ぶっとい枝をカットしていきます。

「ガガッ!」と枝の折れ始める音が、そこから更に追い込んでカットします。

すると「ガガガガガガガッ バキッ!」

「うわぁー、こえー、揺れる〜〜〜」それも、きっちり落ちずに、引っかかってるよ。

俺の帰り道大丈夫かなぁ

さて、一本やって、なんとなくわかった。

もう一本やるぜ。

「ギコ、ギコ、ギコ、ギコ・・・」

「ガガガガガガガッ バキッ!」おっしゃ!

帰り道には、引っかからなかったようだ。

まだ、最低でもあと3本は切る予定だけど、正直、腕が限界。

カーブソーを片手で持って、もう一方は、木にしがみついているんだけど、体制の悪い状態でのカットも厳しいけど、木につかまっている方も限界。

仕方がない、時間はまだたっぷりあるのだ。

今日は、これだけで終了。

なんといっても、木の上で、体力と筋力を使いすぎると、降りる時のパワーが不足してしまう。

そうなったら、途中で、「あーれ〜」と、落下。

と、いうわけにはいかないのだ。

そそくさと降りて、ハシゴを片付け、休憩。

実際の作業時間としたら、ほんの20分とか、そこら。

仕事だったら、怒られちゃうよな。

でも、小沢一郎じゃないけど「生活が第一」だからね。

生きて元気で、地上に戻るのが大前提なので。

今日も、生きててよかった。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE