あれっ?なんか、鳥、初めて見たか?

山栗の木です。文章とは全く関係ありませんけど、今朝、撮ってみました

今朝、小屋の目の前の木に鳥が止まっていた。

「あれっ?山に来て、鳥の声は聞いていたけど、姿を見たのって・・・もしかして、初めてか?も」

虫に、気を取られすぎていて、鳥って気にしてなかった。

目の前の木に止まっていた鳥は、近くを通り過ぎた、蜂だかアブだかを追いかけて飛び出した。

「おっ、やるか!」と、思ったが、逃して、そのままどこかへ飛び去った。

もしかして、鳥は、ずっと警戒して姿を現さなかったけど、ちょっと安心してくれたのかな?

なんて、勝手に思っているんだけど。

鳥が、蜂だかアブを追いかけたってことは、鳥の姿が周りに増えてくれば、必然的に蜂やアブが減ってくるのではないか?

あー、そうなってほしいな。

でも、まあ、僕には、ハエたたきっていう最強アイテムがあるけどね。

今日も、何匹、天国に送り届けただろう?

外で、自分一人でいるとやれないけど、わかったことが、車が好きなのか?嫌いなのか?エンジンの排気ガスが好きなのか?大きい図体だからか?なんだかわからないけど、車に寄ってくる。

なので、車を降りて待っていると、ブンブン飛び回って、そのうち、車にピタッと止まるので、そこを、すかさず、バシッ!とやればイチコロである。

アブも、そう馬鹿じゃないし、反応が早いから、殺気を殺しながら、そっと近づいて、射程距離に入ったら、手首のスナップだけを活かしてバシッ!

踏み込んだり、体を動かしたり、振りかぶったりしては、必ず逃げられることを学んできた。

気っていうのは、肉体よりも早く、相手に到達するので、ハエたたきを振る時も殺気はないほうがいいのだ。何気なく、「ふっ」と振るだけ。

これで、大概殺れる。

だんだんと、なんだか、反射真剣のトレーニングみたいになってきたのだ。

レベル1が、スズメバチの攻略だとしたら、アブがレベル2だろうか。

なんとなく、レベル2のゴールが見えてきたような気がする。

レベル3は?

今日、その兆しを見たような気がした。

はっきり言って、めっちゃ嫌だけど・・・

写真出しちゃうよ、見る準備して。

嫌な人は、ここで閉じてちょうだい。

ヘビです。

なんというやつかわかりませんが、アオダイショウではなさそうです。

目が赤いです。

このヘビは、死んでいるんですが、自分の胴体をすごい形相で噛みながら死んでました。

なんで、この状態なんでしょう?

自分の毒で、死んでしまったとか?

全く不明ですが、死んでた場所が、常に通る道のまん真ん中。

なぜ、ここに?

鳥に捕まえられて、途中で、鳥に噛み付いたら、自分の胴体噛んでしまった・・・とか?

それなら、飛んできたってことで、まだいいんだけど。

レベル3、こいつらだったらヤダなぁ。

一体、どうすりゃいいんだろうか?

心臓に悪かったと思うので、松ぼっくりで、ほっこり癒されてください


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE