近頃、ホームシックである

東京にいた時も、マンションの部屋から外に出ることがない日もあったり、外に出るだけの日もあったり、ほとんどを一人で過ごしていたことは多かった。

なので、山に来ても、一人でいることは平気だろうと思っていた。

しかし、ちょいと様子が違う。

それは、みなさんが察するような、「山の中で独りきりだと孤独だろう」と言うような孤独ではなく、「喜びを分かち合えない孤独」があるのだ。

東京にいるときは、正直、19年東京にいるし、遊びという遊びもやらないし、家にいても対してやることはなく、特に楽しいことも嫌なこともなかった。

いや、もちろん、ちょっとはあったけど。

しかし、山に来たら、ハチ・アブ・ブヨ・ガッちゃん(蛾のこと)、あおちゃん(アオダイショウのこと)、とかちゃん(トカゲのこと)などなど、いろんな虫たちに出会うし、名前もさっぱりわからない虫もたくさんいる。

そんな時、誰とも共有することはなく、せっせとFBやブログに書くだけなのだ。

さらに、今日作ったロケットストーブ。

途中、ミスったけど、なんとか完成して、石焼き芋焼き器で、ジャガイモと玉ねぎとナスを焼いてみた。

もともとは、紙ゴミの焼却のために焼却炉を作る予定だったが、どうやら法律で禁止となっている模様で、焼却炉は高温になるやつを買わないといけないとのこと。

それじゃあ、わざわざ紙ゴミを燃やす意味はない。

そこで、思い出したのがロケットストーブ。

小さな燃料で、高火力、ただし、耐久性はない。と言う代物。

材料を揃えて、作って、燃やして、まあまあうまくいった。

が、これもまた、共有する人はいない。

せっせと、FBにUPして、誰か遠くで共感してくれる人を探す。

こういう面白いことが目白押しなのに、誰ともこの面白さを共有してない。

昨日の、1.5kmの肝試しも、一人で黙々と肝試しでは、怖いばっかりで面白くはない。(もちろん、本来は肝試しではなく帰ってただけだけど)

たまに、同じように山暮らしの人のブログを見る。

今回のロケットストーブの制作も、山暮らしをしている人のブログを参考に制作した。

その人たちは、三人家族。

やっぱ、家族がいるといいよなぁ。

と、しみじみ思ってしまう。

もちろん、子供が、スズメバチに刺される危険性もある。

谷から落ちることも、チェーンソーや草刈機の犠牲になることもあるかもしれない。

それでも、なんでも、面白いこと、嫌なこと、辛いこと、悲しいこと、いろんなことを共有できるのはいいなと思う。

あーあ、こんなに面白いのにな。

誰か来ないかな?

最近、刀女子みたいなのが、マンガから火がついたのか多くなっているらしいけど、刀なんて振り回すこともなければ、場所もないでしょ。

でも、僕は、道端の草を、バッサ!バッサ!まるで、刀を振り回すように、カーブソーを振り回してるよ。

斜め上からシュッパッ!下から振り上げてシュッパッ!右から、左からシュパッ!シュパッ!

時には、ジャンプして、蔓を、正面からジュバッ!とやったりしているんだよね。

あーあ、面白いのになぁ。

あとは、これから秋には、ものすごい数の木を切るんだ。

この土地に、何本あるかわからないけど、軽く1万本以上ある。

全部切るわけじゃないけど、多分、この秋だけで数百本は切る予定。

しかし、一人じゃ大変なだけなので、誰か切りに来てくれないかと思う。

東京にいた時は、チェーンソーで、バッサバッサと木を切ってみたかったけど、今では、好きな時に、好きなだけ、好きなやつを切り放題なんだよね。

さらに、昨日届いたアイテムが、木登りグッズ。

もちろん、本格、林業用。

たっかい木がいっぱいあるので、ぐんぐん登ってみるんだ。

ちゃんと、落ちないようにするベルトもあるんだよ。

自分の足で、何十メートルも木を登るって、絶対に、普通に生きてて経験しない。

そんなことを、誰かと共有できたらなぁ。

と、思う今日このころなんです。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE