今日は、部落の夏祭り

投稿日:2017年7月29日 更新日:

先日、区長さんのところへ挨拶に行った。

そしたら、今日、わざわざ、うちまで来てくれたのだ。

さらに、今日のお祭りでいろんな人を紹介してくれた。

おかげで、例のチラシが、20枚くらい捌けたよ。

部落には、81世帯(僕も入れたら82世帯)しかないので、祭りと言っても、本当に、本当に小さなもの。

そのため、逆に、親戚の多い家系の、本家に全員集合したような、そんな雰囲気と大きさだ。

最初、会場に着いた時は、あまりの小ささにどうしたようかと思った。

だって、普通は、一人で居ても、大して目立たないが、一人で突っ立っていたら、とっても目立ってしまう。

なんとなく、「僕も一員ですよー」的な雰囲気を醸し出しながら、知っている顔を探した。

すると、すぐに、区長さんが見つけてくれた、「助かったー」というのが本音。

少しばかり、挨拶をしておいたことで、僕のことを知ってくれている人もチラホラいて、仲間はずれにならずに時を過ごせた。

いつも、こういう時に、ひとりぼっちになる性格なので、そこらへんドキドキしてたんだけど、無事に終了。

終わってみると、すでに22時。

祭りは、21時頃には終わっていたのだけど、話をしていたら(というか聞いていたら)この時間になってしまっていた。

「怖いじゃないか・・・」

山に来て、初めて、夜歩く。

それも、最後の街頭から1.5kmある。

その山を、一人登っていかなければならない。

「イノシシ出るよ。多分、逃げると思うけど」

と、脅されて出発。

まさに、キモダメシ!

それも、長い!

普通、もうちょっと短い。

汗だくになりながら、早足で1.5kmを登る。

途中で、水分補給しなければならない肝試しってあるか!

と、思いつつ、ちょいと開けた場所で、水を飲む。

「あと、半分」

あまり、序盤にペースを上げて疲れてしまうと、後半の方が勾配がきついので、イノシシに突進された時に、疲れてるとヤバい。と、思いながら、ペースを落としてみるが、怖いので、すぐに早足になってしまう。

そんなこんなで、ようやく、自分ちの入り口に到着した。

そこから、残り200m

自分ちの敷地に入ってから、200mもあるのかよ!と、自分でツッコミを入れながら、最後、最もきつい勾配の坂を登る。

うっすらと、電撃殺虫器の明かりが見えてきた。

「も、もうちょっと・・・」

小屋が見えた。

これで、安心。

もう、汗だく。

ようやく、1.5kmの肝試しが終わった。

終わってみれば、なんてことないことだったが、正直めちゃめちゃ怖かった。

なんで、途中で、離脱できないんだから。

進むも地獄、戻るも地獄。行くしかない!

そんな、肝試しありかよ!と、またまた突っ込みたくなる。

しかし、たくさんの人に会えてよかった。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.