サバイバルの原因は、やっぱり「虫」

マクロ的に見ると、青い空ときれいな空気、雄大な自然に囲まれて、心癒される生活に見えるけど、ミクロで見ると、見える見える、小さな生き物たち。

ほとんどの虫は、特に害はなく、いろんな形をしていて、なかなか楽しいのだが、困る虫もいる。

初めは、スズメバチだった。

巨大なスズメバチは、その時、僕はオオスズメバチか女王蜂だと思ったが、あとで考えると、もし貸して、ビビっていて、大きく見えていたのではないか?

とも、思っていた。

最近では、スズメバチと言っても、正直、小さく見える。

たまに、ちょいと大きめのやつはいるけど、慣れてきたのか、大したことはない。

「やっぱり、最初に居たのも、本当は大した大きさじゃなかったのかなぁ?」と、思っていたら、昨日、出会いました。

やっぱり居た、オオスズメバチ!

デカイ!とにかくデカイ!最近見る奴らとは大違いの、半端ないデカさ。

測ってないので、何センチとは言えないが、5cm弱くらいかな。

最近の奴らは、ほんの2-2.5cmだから、全くスケールが違う。

やっぱり、最初に居た9匹も、オオスズメバチだったのだ。

じっと、観察していると、ゆっくりと、飛んでいるのだけど、こいつらは、どうやら木の上とか、軒先ではなく、土の中に巣を作るらしい。(先日来た、おばちゃんが教えてくれた)

なので、木の伐採や草刈りの時に、気づかずに刺激してしまわないように、注意しておかないといけないと教えてもらったのだ。

まだ、スズメバチとの戦いは、続きそうのだ。

とは言え、実は、最近、蜂は恐るるに足らない存在になっている。

それは、蜂攻略法を発見したのだ。はっはっは!

外にいる蜂をどうにかすることはできなのだが、家の中や、倉庫の中に入ってしまった蜂は、一網打尽にできる。

蜂が現れたら、家の扉を開けて中に入るのだが、その時、蜂も一緒に導き入れるように、扉を開けっ放しにしておく。

すると、スルスルと家の中に入ってくる。入ったら、ガチャ!扉を閉めて、掃除機を握る。

掃除機は、先端のT時の吸い込み口を外して、直管状態に。

蜂の習性なのか、明るいところに行こうとするので、必ず、窓の方へ向かう。

窓がなくても、電灯をつけておくと、電灯の方へ行く。

窓のあたりでウロウロしている蜂に、吸い込み口を向けていき、シュッポ!とGET

やたらと追いかけ回して刺されるといけないので、窓や電灯にくっつくのを待って、窓の蜂からやや離れたところに吸い込み口を当て、窓に軽くつけながら、素早くスライドさせていくと、かなり簡単にシュッポ!といくのだ。

これが出来るようになった時、これで、蜂が解決すれば、あとは大したことはないとたかをくくっていた。

しかし、現実世界もゲームと同じ。

そう簡単には、ゴールに向かわせてくれない。

次なる敵は、アブだった。

アブなど、蜂に比べれば、ただのハエだろ。

と、思っていたが、こいつらがヤバい。

もちろん、スズメバチのように病院送りにはならないが、蜂が不用意に刺さないのに対して、アブは、刺す(正確には噛む)行為が食事なのだから厄介だ。

蜂のように、自分の身が危険だから刺すのではなく、餌(人間とか)がいれば食いつく。

隙あらば食いつく、とにかくしつこくつきまとって食いつく、それも、正々堂々と正面から対するのではなく、ぐるぐると獲物の周囲を回りながら、目の届かない背中にガブリ!

そして、蜂よりも断然早い。

そこで、対策として、新たに導入したのが、ハッカ油を使ったハッカスプレー。

今日、早速作って使ってみた。

確かに、効き目はあるのかもしれない。

ブーン、と来たら、いつもなら、ぐるぐると周りを回るのに、来たと思ったら、スーとどこかに行ってしまう。

しかし、1、2時間経って、ぐっしょり汗をかいた後だと、いつものように、まとわりついてきた。

さらに、厄介なのが、ブヨ。

蜂とアブは、ブーンと言う羽の音で、近くに来たのがわかるが、ブヨは、ハエよりも小さく、動きも遅い。しかし、どこにいるのか気がつかないことが多い。

なので、知らないうちに、ガブリ!とやられることがある。

対策としては、常に足を露出しないこと。

半ズボンとか、ステテコとか、パンツ一丁なんて危険極まりない。

なので、風呂上りでも、モモヒキをはいて、靴下も履く。

そうすれば、とりあえず、ブヨの被害からは免れることができるハズ。

そんなわけで、正直、毎日がサバイバル。

戦争って、敵は、人間だけではなく、こうした虫たちや飢餓、病気、ゲリラなどなど、様々なものと戦わなければならないんだということが、ほんの少し、この山暮らしでわかったような気がする。

実際、気が休まる時というのが、まったくない。

朝、夕は、ヒグラシの大合唱。

早朝には、早速、蜂の訪問。

朝のシャワーで、アブに襲われ。

昼は、重労働。その間にも、アブがまとわりつく。

いつでも、どこでも、アブアブアブ。さらに、ブヨブヨブヨ。

夕方には、家に、蜂ハチハッチ。

夜は、虫たちが家の周りを取り囲む、壁や窓に衝
突してくるなどなど、毎日がぐったりな日々なのだ。

本当は。

まあ、まだ、ここに来て20日。

これから、いろんな経験を積み重ねて、山の(虫の)エキスパートになっちゃうよ。

P.S

虫の写真。撮れるけど、キモいのでやめとく。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE