木の伐採も、死ぬほど疲れた

草刈りも疲れたが、木の伐採も、死ぬほど疲れた。

でも、今日わかった。

なぜ、こんなにまで疲れるか?

それは、斜面だからだ!

草刈りも、山なので、ずっと坂なのだ。

下りはいいにしても、当然、上りも同じだけある。

それも、体が、ずっと斜め。

そして、今日の、木の伐採。

生えているのは、ほとんどが斜面や、崖の下なので、相当疲れたのだが、平地の木を切っている時には、そこまでの疲労がなかったのだ。

それで、斜面ってのが、疲労の最大の原因であることがわかったというわけ。

今日など、崖を登ったり、降りたり、登ったり・・・死んだ。

しかし、その甲斐あって、今まで、木々で覆われていて、下界の景色が見えなかったものが、ほんの少し見えるようになった。

街の明かりが見えると、ほんの少し孤独感が和らぐ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE