今年の畑は、気合を入れてるゾ

本当は、今年『も』気合を入れているのだが、今まで以上に気合を入れて、去年の秋から準備をしている。
今年の畑には、4つの強力な肥料となるべきものがすでに投入されている。

まず、第一は、僕のおしっこ&ウンコである。エッヘン!
そして、草刈りで刈った大量の草、さらに、道端の脇に堆積して腐葉土化した土。
さらに、今年から最強肥料の一員となる、OPERAのウンコ&おしっこの染み付いた萱(かや・ススキ)の敷き床。

さらにさらに、去年、勝手に生えてきて実の成ったスイカが、ちゃんと育った要因となったであろう、焚き火後の炭や灰。
今年は、畝(うね)作りのために穴を掘り、そこで、木々を燃やして炭と灰を作った。

あとは、種まきや苗植えの少し前に、ミミズコンポストで生産された、ミミズのうんちを投入する。
これだけやれば、確実に去年を上回る収穫をえられるに違いない。

昨年は、有機栽培で育てた苗と普通の苗に歴然とした違いが出た。
うちの畑は、もちろん有機栽培で、当然、無農薬。
なので、化成肥料で育った普通の苗は、栄養がなさすぎて育たなかったと思われる。
逆に、有機栽培で育てた苗のトマトは、よく実を実らせた。

そんなわけで、今年は、普通の苗を買ってきてもダメだってことがわかったので、多くの野菜を種からやってみることにするのだけど、種からやるって言うのは、結構ハードルが高いらしい。
とはいえ、なかなか、有機栽培の苗が無いので、仕方がないのである。

さあ、4度目の夏が来る。
今年は、やるぞー!

畝用の溝を掘って、その中で枝を燃やしてるよ


-FARM:畑, MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE