大音量で、音楽が聴きたくなってやってみた

鳥のさえずりと、沢を流れる水の音・・・

だけでもなく、ブンブン、バタバタと飛び回る虫たちの羽の音も。

それはさておき、今まで、実は、音楽というものを聞くという習慣がなかった。

まあ、テレビがあったということもあるけれど、それでも、何かの作業をしながらも、音楽を聴きながらということはあまりない。

しかし、今日、なんだか、大音量で、音楽が聴きたくなった。

今まででも、隣とあまり接していない、壁の厚いマンションに住んでいて、それほど、気にせず、そこそこの音量を出すことはできたけど、それでも、やっぱり気になっていた。

シアタールームとか防音室などというものはないので、どうしたって気になるもの。

今まで、ほとんど気にしなかったこともある。

青山でスタジオをやっていた時だ。

お客さんが、音楽家だった時は、目一杯、演奏してもらったり、歌ってもらっていた。

外に漏れても、別に構わなかったし、隣は自分のところだったし、上もそうだったので、大して気にしてなかった。

しかし、今回は、それ以上だ。

外で、目一杯ボリュームをあげて、流してみた。

それだけ、デカくしても、隣の家までは、1.5kmあるので聞こえるはずもない。

いい感じの、洋楽バラードを思う存分聞いてみた。

なんだか、人生で初めて、BGMをかけるのではなく、音楽を聞いて楽しんだような気がした。

やっぱ、でかい音にすると、いい音に聞こえるかもしれない。

いや、今も、室内で、B&WのPCスピーカーで、ほどほどの音量で聴いているけど、やっぱ、音がよく聞こえる気がする。

なんか、クリアに、一つ一つの楽器がよく鮮明に聞こえている気がするんだ。

これは、もしかして、空気の違いか?

空中を舞っている粒子が少なくて、音がストレートに伝わっているとか?

全く、わからないけど、とにかく、なんだか、音楽が心地いい。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE