トリ小屋でけた

烏骨鶏の鶏小屋が完成した。
構想して、図面を書いて、置き場所もイメージしていたのだが、結局は、そのどれも予定通りにはしなかった。
まあ、そんなものだな。

そこら辺にある材料を見て、サイズを測って、材料に合わせて作っていった結果、ヤギ小屋も、犬小屋も、鶏小屋も同じようになった。
まあ、作業小屋も、ログガレージも似たような感じなんだけど。
それが、一番簡単で作りやすいってことなのだ。

ってことで、出来た鶏小屋は、昨年の畑に連結することにした。
こうすれば、烏骨鶏たちは、畑に生えた草を食べることができるし、ミミズコンポストのミミズの糞を入れてあるので、ミミズ自体もいるかもしれない。
それに、最初から鉄パイプで囲って、網をかけてあるから手間いらずである。

生えてきた、春菊とか二十日大根とかニンニンとかは、ほとんどCHAR(ヤギ)に食べられているので、残り物はROCKとBONBON(烏骨鶏)にあげることにしたのだ。
(*OPERAが網をたくし上げて、CHARが畑内に進入して食い尽くしてしまった。)

新入りが来ると、みんな興味津々である。
ROCKとBONBONがいる鶏小屋周りに集まってきた。

鶏小屋の脇で居眠りをしているのがOPERA(オスヤギ)、軽トラの下に潜っているのがCHAR(メスヤギ)、そして手前にFAN(犬)がいる。
網の中には、烏骨鶏のROCKとBONBONがいて、草を食べている。

今日明日は、日中は暑いくらいで、夜も10℃を切らないようなので、ROCKとBONBONは、今日から、外飼いになる。
強く生きろよー!

-ANIMAL:動物, MARK'S LIFE:日常

© 2021 Mark's LIFE