転倒防止粘着シート・・・取れん!

地震が起きた時に、背の高いものや、頭部分が大きいものは倒れやすい。そんな、家財にくっつけて転倒を防止するのが、「転倒防止粘着シート」

僕が主に使っているのは、テレビとデスクトップパソコン、背は高くないけど、高いところからずり落ちないように、オーディオにも使っている。

今回、引越しを境にテレビを売却して、テレビ無し生活をすることに決めたので、テレビをヤフオクで売却した。そのため、テレビを動かそうとしたら・・・粘着シートで、ビクともしない。

そして、粘着シートを外そうとしても、全く取れない。

全く、全く、全く取れん!

パソコンなどは、さほど大きくはないので、ベタベタにはつけてないけど、テレビは55インチで、結構でかいため、でっかい粘着シートで、足を固定していた。そのため、全くもって取れなくなっていた。

そこで、ググる。

すると、テレホンカードのような薄っぺらなプラスチックカードを、水につけてシャコシャコやれと書いてある。

早速、プラスチックカードを探す。当然、今時、テレホンカードはない。1、2枚持っているけど、今となっては、貴重な代物なので、違うやつを探すと、大量に出てきたのが、すでに利用していない医療機関の診察券。

医療機関の診察券を見ると、主に4種類あった。

1、紙のもの。これは、今回には使えない。

2、紙をラミネートパウチされているもの。こいつは使ってみよう。

3、クレジットカードくらいの厚みのあるプラスチックカード。これは、厚いので使えない。

4、テレホンカードのように薄いタイプのプラスティックカード。こいつですよ、こいつ。

話はずれるけど、この4種類の診察券。

医療機関のタイプによって違いがあるように思った。

まずは、3の厚みのあるプラスチックカードを使っているのは、主に、大きい病院だ。

そして、1と2は、小さい病院や個人医院なんだけど、ごく普通のところ。

4は、都心のちょいとこだわってる医院。

なんとなく、デザインなどを見ても都心っぽいのだ。

それはさておき、医者に通っていた頃を、ほんのりと思い出しながら作業開始。

水に、びしゃびしゃとカードを浸し、シャコシャコと切るように剥がしてみる。

結構な労力を使うけど、ちゃんとグーグル先生の言いつけ通りにしていくと、きっちり剥がれてきた。

剥がれた部分には、2のパウチされた診察券を挟み込む。

ということで、「取れねーよ」と思った、粘着シートは無事取れて、テレビは、落札者の元に運ばれていったわけです。

4年前に18万円で買ったテレビ、手元に残ったのは5万円。高いのか安いのかわからないけど、まあいいか。

これで、NHK受信料も払わなくて済むのだ。

高級整体院の診察券、さすがにへこたれずに働いてくれる

もっと、端っこにくっつけるべきだった。粘着シートまで遠い・・・


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE