マンションを売る決断をした

4年住んだ、九段のマンションを売る決断をした。

浜松から上京して19年。

埼玉の浦和から始まった東京生活。

1年後に、会社のあったマンションの大家さんのひいきで、板橋のマンションに引っ越した。

それから会社を起業し、3年後には、会社を青山一丁目に、それと同じくして、僕も赤坂へ引っ越した。

ここからが、都心ど真ん中生活の始まりだった。

その後、外苑前にスタジオをオープンするのをきっかけに、僕も、外苑前に。そして、4年前に九段にマンションを購入した。

都心のど真ん中生活は、13年だ。

みんな、都会は便利だという。

しかし、僕は、都会の便利さも、都会の華やかさも、都会の遊びも全く満喫していない。

都会にいれば、交通に便利だというけれど、車では渋滞していて、自転車と同じ程度の速度しかでないので、ほとんどの移動は自転車だ。

電車は、あまりの乗らないし、全く都会の良さを満喫していない。

そんなわけで、ここ何年か、山に住みたい願望がピークを迎えていた。

もともと、山が好きなんだ。

体力もないのに、登山が好き、川が流れていると心が踊る。

夢の一つが、「スナフキンになること」

僕たち夫婦は、週末婚で、妻は、火曜日の早朝に実家に帰っていく。

この週末、僕は、妻に憤っていた。

妻は、強がった言い方をしただけだろうが、僕は、心の底から嫌だった。

嫌気がさし、今日、マンションを売ってしまう決断をした。

野村不動産アーバンネットの担当者さんにメールを書き、なんども躊躇したが、いよいよ送信してしまった。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE