微笑むくらいでちょうど良い:証明写真編

投稿日:2017年2月5日 更新日:

さて、証明写真といえば「真顔」というのが定番です。 

しかし、微笑めと書きました。

証明写真で微笑んで良いのでしょうか? 

本当は、ちょっとにこやかな証明写真の方がいいのでしょうが、いかんせん、おカタい国「日本」では、まだ、そんなことにはなっていません。
 

ここで言う「微笑む」とは、微笑んだ写真を撮ろうというわけではなく、
怖くない顔の写真を撮ろうという提案なんです。 

みなさんの証明写真・・・怖くないですか?

特に女性の皆様。 

どうして、女性の顔は怖くなってしまうのでしょう? 

実は、女性の方がオニだからなのではありません。 

これは、「男は犬」「女は猫」に例えられるのですが、犬と猫の違いを見るとすぐに分かります。 

世の中には、「化け猫」はいますが、「化け犬」はいません。 

なぜか?それは、犬が化けても怖くないからです。

ギャグにしかなりません

片や猫は、怖い物語には良く登場します。
 

と、いうことで、猫顔である女性は、黙っていると怖くなってしまうものなのです。 

そこで、気持ち「ちょっと微笑む」くらいで、ちょうど普通の顔になるというわけです。 


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.