目で見ているのと、写真に写るのでは違う

投稿日:2017年2月2日 更新日:

こんな体験をしたことがある人は多いでしょう。 

すごくキレイな景色だったので写真を撮ったけど、あとで現像してみたら、

「あれっ?全然、あのキレイな景色じゃなくなってる」

「なんで、同じように撮れないの?」
という具合。 

これは、目で見ているものと写真に写るものの違いを知らないために起こることなんです。 

そこで、何がどう違ってくるのか知っておきましょう。 

 現実は立体、写真は平面 

目でみているものは立体的に見えていますが、写真に撮ると平面になってしまいます。

なので、立体感がなくなってしまうということ。 

そこで、目で見ているよりも、より、立体的に表現しないといけません。  


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2020 All Rights Reserved.