やっぱり【Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000】じゃないと

キーボード壊れた。
「z」を押すと、隣のxまで打たれてしまい「zx」となってしまう現象。

キーを外して掃除をするも、分解して基盤をゴソゴソやるもダメだった。
仕方がないので、以前買った、Microsoftのワイヤレスキーボードを使う。
こっちもエルゴノミックデザインではあるが、キーのストロークが短いため、パチパチを打っている感触がなく、どうにも打ちづらい。
(Macに付属しているキーボードと同じ感じの薄いキーのやつ)

やっぱり、Microsoft ナチュラル エルゴノミック キーボードじゃないといかんのだが、なんと、すでに生産中止になっていた。

ガーン!

もう、十数年前の話になるが、同じようにMicrosftトラックボールが、手のフィット感から完璧なトラックボールだったのに、生産中止になってしまった時のことを思い出した。
あの時も、在庫をなんとか見つけて買おうとしたがダメで、他のトラックボールで満足のいくものを見つけるのに非常に苦労したことを覚えている。

今では、ELECOMのトラックボールで落ち着いているのだが、キーボードもまたもや同じことになってしまったとは・・・

キーボードは、数多く販売されているが、Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000ほど、打ちやすいキーボードにお目にかかったことはない。
さて、どうしたものかと思案していると、と言うか、色々と検索してみていると「おおっ?」なんかあった。

Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000もどきの【法人向け】と言うやつを発見。
どうやら、一般向けのモデルから、ちょいちょい機能をなくしたバージョンのようだ。
欲しいのは、キーの打ちやすさであって、付帯機能ではないので、こいつを買ってみることにした。

【法人向け】となっているので、ちゃんと買えるのか?と思ったが、無事、到着。
使ってみると、Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000の使い心地『ほぼ』そのままだった。

マニアしか買わない品物は、やっぱり生産終了してしまうものか

Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000
やっぱり、このキーボードを選ぶのは、マニアックなこだわりを持つ人たちだけで、1台あれば、そうそう何年かは買わないわけなので、売れる台数は限られている。
量産していくのは、どんなに全世界で販売しようとも、厳しい売上なんだろうなぁと思わざるを得ない。

なんせ、キーボードだとかマウスというのは、パソコンを買えば一緒にくっついてくる。
それを、わざわざ、別のものを買う人だって珍しいのに、こんな特殊な形の、それも、時代に逆行したような、ストロークの長いキーに、テンキーまでついて、さらに手を置くためのパッドもデカイので、キーボード自体がメチャメチャデカイ。
こんなものを選ぶ人は、稀なのだろう。

トラックボールの時もそうだったが、生産中止になると、マニアな人々が同機種の在庫や代替え品となるものを探して、あちこちに書き込みをしたり、ブログに書いたりしているのを見かける。
今回も、この【法人向け】を買った人のレビューがあったため、僕も、これを安心して選ぶことができたのだ。

それでも、次はない。
だが、結局のところ、何かしら別のものが出ていて、そちらを使っているうちに慣れてくるものではあるのだが・・・
時代は変わるということだな。

僕自身は、現在の山暮らし+時々都会という生活スタイルを「未来の生活をしている」などと豪語してしまうが、今回のキーボードのように、古いスタイルに固執することもある。

キーボードなど、いずれ無くなる

誰もが予感するところだが、キーボードなどというものは、そのうちなくなるものなのだろう。
現在の若者の多くは、スマホの画面で操作するのに慣れている。
それは、キーボードの姿ではない。

しかし、僕は、スマホの画面で打つときでさえ、キーボードと同じ配列表示にしてキーを打っている。
多くの人がやっているように、スワイプして打つことができないのである。

パソコンやスマホを使えない年配者は、時代に取り残されていくように、古いスタイルのキーボードを使い続けている僕は、そのうち時代に取り残されてしまうのだろうか?
指を怪我したときには、音声入力を使っていた。
しかし、ずっと喋り続けて入力するのは、少々、喉が疲れてくる。
それを思うと、まだまだキーボード入力の方を選んでしまう。

そして、いづれは、考えただけで入力できるようになってくる。
それは、きっと、そう遠くない未来の話なのだろう。

絵文字やスタンプを予言していた人がいた

誰だったか、いつのことだったかまったく記憶にないが、まだ絵文字やスタンプというものが登場していない時代に「人の会話は、どんどん短くなり、いずれ感情のみを表現するようになる。もしかしたら、言葉すら使わないようになるかもしれない」と言っていた人がいた。
まさに、今の時代を予言しているかのような内容でびっくりしたことを覚えている。

Vlogも、まさに文字を打たないBLOG

いま流行のVlogも、文字を打たないBLOGと言える。
キーボードも音声入力もいらない。
喋るだけでなく、そこに、映像がプラスされることで、伝わる情報量は文字だけよりも圧倒的に多くなる。

これからの時代、今よりももっとずっと、文字を打つと言うことがなくなっていくんだろうなぁ。
手書きから、キーを打つ時代になったように変わり、そして、キーを打つこともなくなっていくんだな。

分解してみた

-MARK'S BRAIN:思考, MARK'S LIFE:日常
-,

© 2020 Mark's LIFE