今日も冬晴れで、富士山がキレイに見えたよ

うちのマンションから、富士山が見える。

周りはマンションだらけだけど、ちょうど、エレベーターホールから富士山まで抜けてるんだ。

マンションを買うときは、まだ建ってなかったから知らなかったけど、ちょっとしたギフトのようなものだった。

やっぱり富士山はいい。

今は、雪がすっぽりと被っている。

写真では、あまりクリアには見えないけど、今の冬の時期は、肉眼では、かなりクリアに見えるんだ。

朝、出かける時、富士山が見えると「今日も、いいことありそうだ」と思って出かける。

3年前に、富士登山を登った時に「もう体力の限界だ」と思って、富士登山は最後だと決めたが、やっぱり富士に行きたいと思ってしまう。

初めて、富士山に登ったのは、二十歳くらいの時。

夜登って、頂上で朝日を拝む予定だったけど、寒すぎて、パーティーの中で、僕だけ断念した。

それから10年後に、2度目の登山。

その時も、散々だったけど、なんとか頂上に行けた。

それから、3年に2回のペースで登っている。

いつも、山が何かを教えてくれる。

はじめは、パワーが入ってくる気がしていた。

何度目かの時に、大阪から来ていた、児童施設の子供達と一緒になり、僕たちのパーティーと、子供二人が一緒に登ることになった。

一人の女の子と、僕は手をつないで登っていた。

もともと、非常に体力がない僕は、少し登るだけでヘトヘト。

方や、子供は、体力が有り余っているのか、めちゃめちゃ元気。

歩きながら、彼女は、僕に質問攻撃。

「マークの好きな色はなに?」

「マークはどこに住んでるの?」

「マークはなんの仕事をしているの?」

・・・

その質問に、ゼイゼイ言いながら、必死に僕は答える。

さらに、おとなしく登っているのではなく、

あっちに行ったり、こっちに行ったり。

富士山は、とっても高い山なので、ある程度の標高からは、木々がない。

そして、火山岩がゴロゴロしていて、登山道から少し外れると、小さな石が下に落ちたり、自分たちが砂に滑って落ちそうになったりもする。

結構、危険な地帯が多い。

なので、僕は、ゼイゼイだけなく、ヒヤヒヤしながら、彼女を追いかける。

登るだけでも大変なのに、あっちに行ったり、こっちに行ったりする彼女を追いかけなきゃならない。

さらに、「危ないよー!」とか「そっちはダメだよー!」とか、叫ぶ。

さぞかし、いつもよりも体力を消耗すると思ったのだが・・・

実は、あまり疲れなかったのだ。

なぜなのか?

僕は、この登山で、富士山からだけでなく、小さな天使からも、人生を教えてもらった。

それは、いつも上ばかり見て人生という山を登っていた僕に、

「今」の大切さを教えてくれた。

今まで、富士登山の間、常に頂上を意識し、頂上まで、あとどのくらいか?

ということを気にしてばかりいた。

今日は、この辺で。続きは「富士登山と小さな天使が教えてくれたこと」みたいなタイトルで、また書きます。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE