夢は、マッチになることだった

その昔、僕がまだ初々しい10代の頃。

2つの夢を見ていた。

1つは、「社長」もう一つは「マッチ」

「マッチ」というのは、歌手の近藤真彦さんのことだな。

要するに、歌手になりたかったのだ。

そして、中学生の時、オーディションなるものを受けて見た。

東京まで来て、ホリプロへ行った。

当然、不合格。

ついでに、養成所というところのオーディションも受けた。

もちろん合格。

で、入学金30万円もってこいだってさ。

その当時は、何もわからないガキだったので、おっかさに頼んで、ひいばあちゃんから30万円をもらって来た。

でも、当然だけど、生活費だとかなんだかんだあるので、中学生の僕では上京できずに断念。

その30万円は、どこ行ったんだろう?と思ってが、数年後、親父がパチンコですっからかんにしたと知った。

そんなわけで、中学生の夢は儚く消えたのだが、いよいよ19歳になって、第2のチャンスが訪れた。

地元の歌手の元で、レッスンをすることになったのだ。

先生の店で、日々、8トラのカラオケで猛練習をした。

おかげで、多少の格好はつくようになったが・・・

ある日、先生からショッキングな話を聞いた。

それは、芸能人が売れるためには、やっぱり、大物に気に入られなければならない。

そのためには、男でも、おばさまがたに×××もありうる。

と、いう話。

「や、やっぱり・・・そういうことがあるのかぁ」

悩んだ末に、歌手はやめて、社長になることにしたのであった。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE