阪急Men's館2

火曜日に阪急Men's館へ行った。

5階からB1まで服屋さん等々、
男アイテムが目白押し。

椅子に座っている人達が、
なんとなくゲイに見えてくる・・・

6階でランチを食べて、
5階から順に1軒1軒見て回る。

今回のお目当てはパンツ。
パ↑ン↓ツ↑ではなく、パ↑ン↓ツ↓
要するにズボンだ。

東京と大阪に服を置いていると
どうしても足りなくなってしまう。

シャツは、この前数着作ったので大丈夫だけど、
カジュアルパンツが足りない。

6階から1階まで、1軒1軒、ほとんどの店で試着。
ブランドによって、パンツの形が様々で、
特に、僕はケツデカなので、HIPの形にこだわる。

普通のパンツデザインは、普通の男用になっているので、
僕が履くとHIPがキツイ。

そのなかで、ぴったりと来るものを探していく。
結果、ぴったり来たのは2店舗。
ラルフローレンも良かったけど、
切らなくてもいいように丈が短くなっているらしく、
なんか、縮んじゃったの?
という感じになってしまうので、
とりあえずパスした。

東京でMen's館と言えば、
伊勢丹Men's館。

東京だと、ヴィトンやグッチ、ドルチェ&ガッパーナなど、
ちょっと入りにくい雰囲気だけど、
大阪は、その点気軽に入れる。
店員も気さくに声を掛けてくるので、試着もしやすい。

そこがいいところだった。

結局、6時間徘徊して、
メインショップは、メンズメルローズ。

ここで、パンツ2本、ブルゾン、ロンT2枚、ベルト、ベストをお買い上げ。

いつもは、誰かと一緒に行ってコーディネイトをしてもらうのだけど、
大阪にはそんな人がいないので、
メンズメルローズの店員さんにお任せしてみた。

自分では買わないようなものを買ってみた。
これからは、ちゃんとコーディネイト覚えないとね。

そんなわけで、今朝もコーディネートに迷いながら
服を選んでました。

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE