スミソニアン・アメリカン美術館での出来事

スミソニアン・アメリカン美術館は、
どうも、人気がないようで、とっても空いてます。

特に3階、4階なんていうのは、
「いつの間にか閉館しちゃったんじゃないか?」
って勘違いしてしまうほど人がいません。

美術館には、一定の区間ごとに監視員がいるのですが、
この監視員という仕事、非常に暇そうです。
特にやることはないんですよね。

とある展示室に入って行くと、
監視員の一人が絵を見ながら何かやってます。
その絵は、ピカソも超える抽象絵で、
はっきりいって何が書いてあるのかサッパリわかりません。

彼も同じ思いだったのでしょう。
絵のラインと同じように、腕を動かして筆をふるっているような動作をしています。
そして「わかんねぇ?」というような仕草をして振り向くと僕がいたわけです。
僕以外に誰もいません。

彼は、ちょっと気まずそうに僕に挨拶をします。僕も返します。
それ以上は、何も話しませんでしたが、
もしも僕に少しの勇気があればこう言ってみたかった。

「自分でも絵を描くの?」
きっと答えはNOだとおもいます。
「描いてみたら?」
答えは、書いたことないか、無理だと答えるか?
「この絵は理解出来ないよね?」
でも、この絵に何かがあるからここにある。
それは、なにか?
それは、自分を信じて描き続けてきた何かがここに宿っているんだと思う。
よく、自分の方が上手いという人がいるけど、
それはそうかもしれない。
しかし、違いは何か?
それは「やった」か「やらなかった」か
そして「やり続けた」か「諦めた」か
さらにこうなると「信じ続けた」か「疑ってしまった」か・・・

才能がないと言われようが、
訳が分からないといわれようが、
批判されようが、変人扱いされようが、
自分を信じて進めるか?
一所懸命に出来るか?
それだけが、ここに飾られるか、それをただ見るだけの人になるかの違いかもしれない。と。

そして最後にこの一言「Let's Try! Never Give up.」
もしかしたら、彼の人生が変わっていたかもしれないなどとも思ってみたりする。

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE