講談社へ

今日は、護国寺にある講談社へ行った。

あの古い建物は、かなり重厚感があって、
入っていくのに非常に緊張した。

しかし、警備員に「受付はあっち」
と、言われ、新しいビルの方へ向かった。

それでも、講談社というだけで緊張する。

もう、3,4年前になるだろうか、
品川のCANONへ行ったときのような緊張だ。

でかい会社は、受付がデカイ。
この広々としたスペースは、いったい何の為なのだろう?

講談社と言えば、
週間マガジンや月間マガジン。

今でもあるのだろうか?

中学の時は、毎月、月間マガジンを読むのが楽しみだった。
ライバルは、集英社のジャンプだ。

確か、ジャンプよりもマガジンのほうが、
ちょっとHだったり、男らしいマンガが多かった気がする。
それで、マガジンを好んでいたのだ。

あるとき、月間マガジンに南野陽子の水着写真が載っていた。
黄色のビキニが眩しかったのを、鮮明に覚えている。

しかし、純粋な僕にとって、
大好きな陽子ちゃんを脱がせるとは!

という、怒りにまかせて
文句のハガキを、護国寺に送ったことがあった。

20年前の思い出だ。
なつかしい・・・

講談社なのだから、当然本の話。
とりあえず、おおかた出版が決定した。

まずは、一安心。

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE