細木数子の宿命大殺界

今日は、高校時代の旧友と久々に会いました。
6年ぶりです。

名古屋から彼女を連れてきたのですが、
以前より若くなっていました。

彼女も1つ年下の37歳の割に、
若くてキレイ。

30歳を過ぎて、若返る人と老けていく人がいますが、
僕も、友人の真ちゃんも、昔はあか抜けない、かなりイケてない若者でしたが、
この年(38歳)になってみると、
若くて見た目も悪くない、なかなかの青年に変身しました。

逆に、高校時代に「頭が良い」「スポーツ万能」「モテていた」人は・・・
あまりうだつが上がらずにいます。

この違いの明確な理由は分かりませんが、
僕や真ちゃんがやってきたことは、

「このままじゃダメだ」

と、思っていたと言うこと。

そして、何かしら行動してきたこと。
その行動が、適切だったこと。
だと思います。

何が適切かは、人それぞれかもしれませんが、
真ちゃんは、僕が20歳の時に薦めた(買わせた)Amwayの鍋セットを
僕と同様18年間使い続けているとのこと。

ゴハンは、もちろん鍋炊きで、
玄米+五穀米+?なにかいろいろ入れているようです。
自炊は当然らしい。

週刊ジャンプも読んでいるけど、
まじめな本も読んでいるらしい。

真ちゃん曰く
「食べ物の影響は大きい」と。

そして、僕はこう言いました。
「そうしようと考える思考の影響が大きいのだろう」と。

30歳前後で人は変化していきますが、
このくらいの時に、多くの人が結婚します。

うだつの上がらない人達は、
この頃に結婚できないか、すごく良い相手とは巡り会えないか、
結婚できても、それほど幸せに過ごせないか、と、あまりよい思いが出来ません。

ところが、若い頃から順調に人生を歩んでいる
イケてる君達は、いい女と出会って幸せに結婚します。

そして、これ以上の女性を頑張って見つける必要が無く、
法律でがっちりと固められている結婚という手錠に安心するのか、
多くの男性の下腹部は膨れあがってきます。

ここが、人生の分かれ道でしょう。

これは、男性に限らず女性も同じところがあるのではないかと思います。

以前、ALIAでは、ウェディングビデオ撮影や思いでビデオの制作などを行っていました。

その際、新郎新婦から小さい頃の写真を借りるのですが、
とっても美人の新婦の小さい頃の写真は・・・・めちゃめちゃ「ぶさいく」です。

そして、年齢を追って見ていくと
ほとんどの人が、中学~高校あたりで、ガラっと美人路線に転換して行くんです。

これも、「このままではいけない」という思いが働くのではないかと思います。

さて、それはさておき、
今日会った、真ちゃんから本を1冊頂きました。

細木数子の宿命大殺界です。


細木さん。なつかしい。光当てすぎで眩しいです!

どうやら、33歳から宿命大殺界だそうで、
本をくれました。
(下記URLで、宿命大殺界を調べることが出来ます)
http://homepage2.nifty.com/tatehome/RokuseiFortune/RokuseiFortuneForShukumei.htm

33歳の時と言えば・・・
現在のポートレート写真スタジオ「ALIA photographic studio
をオープンしたときです。

そして、52歳まで続くのだそうです。

占いは信じるタイプではありませんが、
知っておけば、何かの時に心の持ちようが違う気がします。

「大殺界だし、しょうがないねー」とか。

気楽に行けるのではないかと。
僕は、53歳から頑張ることに致します。

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE