買ってはいけない三カ条を破る

投稿日:2018年12月16日 更新日:

実は、先日、買ったはいけない方法で物を買った。

買ってはいけない方法とは、僕の中で三つある。 

 

その一、テレビショッピングなどで「今なら先着・・・」とか「○○時までにお買い上げの方には・・・」とかいう文句に乗せられて、大した検討せずに買ってはいけない。 

 

その二、儲かるとか、得をするなどと思って、欲望のままに買ってはいけない。 

 

その三、営業マンや販売員などに「即決していただけたら・・・」とか「今だけ」とか言われ、その場、即決で契約(購入)をしてはいけない。 

 

と、僕の中の買ってはいけない状況がコレなのだが、先日、コレを破ってしまったのだ。 

 いつものスーパーに行った帰り、車に乗り込もうとすると、若い女性が声をかけてきた。 

もちろんナンパではないことはわかった。 

 

手に何か持っていて、いかにも「売ろう」としていることがわかったからだ。 

その売ろうとしていたものは「カーワックス」 水無し洗車ができて、ワックスもかかるというもの。

 もちろん、速攻で断った。

 しかし、こうした販売員の方々は、あらゆる状況に対応するように訓練されている。 

すかさず「じゃあ、ライトの黄ばみだけ落とさせてください」という。 

もちろん、無料でやってくれるのなら歓迎だ。 

それをやってもらったからと言って買うような、優しい心は持ち合わせてはいない。  

 

しかし、見ていると、いとも簡単に黄ばみが薄くなった。 

「こんな簡単に黄ばみって落ちるものなのか?」と思ったが、実際に落ちている。 

「もう一回やってもいいですか?」と聞かれたので、もちろんOKした。 

すると、グイグイ黄ばみが落ちた。  

それを見ていたら、ある商品を思い出した。 

 

それは、25年前。 AMWAYで売っていたガラスクリーナーだ。 

スプレー式で、泡になって出てくるのだが、このガラスクリーナーがめちゃピッカピカになったことを思い出した。 

このガラスクリーナーは、フロンガスを使用しているという理由で廃止になってしまったのだが、その後に出た液体タイプのガラスクリーナーとは比べ物にならなかったのだ。 

25年前に味わった感動が蘇っていた。  

そして僕の中でこう思った「もしかして、コレは成分が似ているんじゃないか?」と。 

25年前のあのピッカピカを、もう一度味わえるのではないか?と。淡い期待をしていた。 

 

価格を聞くと、一本2,400円 思っていたよりも安かった。  

もちろん、こうした商品の内訳としては、4-5割は販売員さんの収入だろう。 

しかし、同じような商品を頑張って探す手間を考えたら、大した余剰コストではない。 

そう判断し、禁断の買ってはいけない三カ条を破り、2,400円を支払った。  

 

すると、彼女はすかさず「二本買っていただけると、このスプレーガンが付きます!」ときたが、もちろん、それは丁重にお断りをした。 

 

その商品がコレ。

 

あとから、少し後悔したというか、自分の甘さを思ったのだが、買う際に「同じような成分だろう」という勝手な思い込みだけで、購入を決めてしまったのだが、実際に成分をチェックしていなかったのだ。

そういうことがあるので、即決してはいけないのだが・・・これが、期待どうりの成果を出してくれるかどうか?

ちなみに、AMWAYのガラスクリーナーの、成分としてアンモニアとカルナウバ蝋が入っていたのだが、この製品にもアンモニアは入っていないがカルナウバ蝋は入っていたので、当たらずも遠からずと言ったところであった。

 

昨日、実際に小屋のガラスをコイツで磨いてみた。

その結果は・・・まずまず期待通りであった。よかった〜

 

via Mark な 人生
Your own website,
Ameba Ownd

 

-----

-MARK'S LIFE:日常, PHOTO&VIDEO:写真とビデオ

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.