大雨警報発令の中、消防規律訓練大会だった

投稿日:2018年9月9日 更新日:

今日は、消防規律訓練大会と部落の道作り&総会が重なっていた。

僕が、知ったのは消防規律訓練大会の方が早く、大会のための練習がすでに始まっていた頃だった。

その後、部落の道作り&総会があることを知り、すでに訓練に参加している以上、消防の方に出ることに決めた。

僕が道作りの日程を知ったのは、10日前だったが、他の人に「いつ知ったの?」と聞くと「毎年9月の第二日曜日って決まってるよ」とのことだった。

むっ?むむっ?そう、そういえば、そんなことを去年の総会で聞いたような、聞かなかったような・・・

部落の道作りへ参加しない世帯は、三千円のペナルティーがある。

しかし、公共性の高い消防の訓練大会への参加なので、ペナルティーは免除されるらしいが、それで、僕だけが作業を行わないというのは、どうにも、自分的に気持ちが悪いものだった。

そこで、金曜日に4時間かけて、山の中の町道の草刈り1.5kmを初夏に続いて今年2回目の実行をした。

初夏に比べて、さすがに草の伸びは凄まじく、倍の時間がかかった&倍以上に疲れたのだ。

だが、これだけやれば、誰にも文句は言われないであろうと自負している。

ただ、とはいえ、自分の家に行くための道で、カレヤン(Porsche)が傷つくからってのが最大の理由であることは、大きな声ではいえないのだが・・・

さて、本日は、天気予報通り雨。

それも、大雨。

そして、大雨・洪水警報発令!

なんと、警報が発令されたにも関わらず、消防規律訓練大会決行という。

それも、待機中はテントの下に居られるし、カッパも着ていられるのだが、発表時にはカッパ未着用でやらねばならないとのこと。

おいおい、大雨警報の中、ビシャビシャでやるんかい!?と、みんながブツクサとぼやく中決行された。

まあ、実際には、制服の生地が厚かったおかげで、あまり濡れずに済んだのだが。

昼前に終わり、その後、部落の総会&親睦会へ参加。

煮物と鰹のタタキをたらふく食べた後、さらに、消防の慰労会で、焼肉を死ぬほど食べた。

もう、マジで、これ以上食ったら腹がはちきれる〜というほど食った。


ここのところ連チャンで、イノッチ(猪)肉をたらふく食べているのだが、そこにきて、今日は、牛肉をたらふく食べた。

これが、筋肉へ変換してくれることを切に願っているのだ。


まあ、それにしても、忙しい一日だったわい。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.