ホンジツ「モ」セイテンナリ

投稿日:2018年6月22日 更新日:

梅雨の間の晴れというのは、本当に貴重で有難い。

今日は、朝から晴れた。

天気予報どおりなので、特段感動はないが、スカッと晴れると気持ちがいいものだ。

それなのに、今日も、朝はダラダラと起きてしまった。

溜まりに溜まった洗濯をして、のんびりと作業に取り掛かった。

スモモの気に目をやると、若干、一部分の実が急に無くなっているように感じた。

下を見てみると・・・

スモモの皮が散乱してる。

器用だな。

食べ物がそこら辺で取れて、食うに困らないことが幸せとか、悠長なことを昨日は書いたけど、これをみると、食べ物の争奪戦じゃないか?と思えてしまう。

このぶんでは、あっという間に、スモモは無くなってしまいそうだな。

それはさておき、今日は「水盛り」ってのをやった。

杭を打って、全部の同じ位置に印をして、水平を出すってやつだ。

バケツに水を入れて、長いチューブを水で満たすと、バケツの水位と同じ高さのところで止まるので、その位置に印をつけていく。

こうしてやってみると、目で見ているのとは、まったく違うことに気がつく。

水平さと思っていても、てんでバラバラなのだな。

ってことで、とりあえず「遣り方」っていう、周りに杭を打って、板で繋いで、水糸を張るってやつまでやったのだ。

次は、溝の中に石を敷き詰めて、ランマーってので、ドンドン固める作業なのだが、そう簡単には問屋が卸してくれない。

砕石を運んでもらうのに、この場所までダンプが入れるように、道を整備しなきゃならないのだ。

あ〜、先が長いなぁ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.