書籍「神さまとのおしゃべり」読み終わった

投稿日:2018年5月25日 更新日:

まず、この本結構良かった。

おすすめ度99%って感じ。

同じようなタイトルの本「神との対話」が、最も好きな本だけど、この本もいい。

さすがに、「神」と出しちゃうだけあって、神さまの言葉って感じの内容が盛りだくさんだった。

それも、神との対話と言っている事は同じでも、視点が少し違っていたりして、また新たな発見があったり、気づきがあったりした。

僕は、常に「人生は舞台だ」と思っている。

自分が主人公で、他のみんなは脇役やエキストラで出演してくれている。

世界の中心が僕だ。

と、言っても、それは、全員に言える事であって、「自分の世界の中心は自分」って事なのだ。

世界というのは、一つではなく、星の数ほど、いやいや、とんでもない数、というか無限に存在しているのだな。

なので、他の人の舞台にも、僕は同時に出演している。

身近にいる人の舞台には、脇役として、通りすがりの人の舞台には、まさに通りすがりのエキストラとして出演しているのだ。

なので「嫌なやつ」というのが舞台に現れても、舞台の中では「嫌なやつだ!」と言いながらも、本当は役者仲間なのだということを分かると、結構冷静でいられるのだ。

と、こんな風に常に思っているのだが、ここから本の気づきを加えてみる。

「なぜ、その脚本にしたのか?」

ということを考えてみる。ということ。

脚本は、舞台を面白くするために書くのだが「なぜ、そのシーンなのか?」と考える事はなかった。

だが、ちょっと立ち止まって考えてみるのだ。

「なぜ、この嫌な奴が現れたのか?」「なぜ、こんな嫌な出来事にしたのか?」

そこには、明確な理由が存在しているはずなのだ。

それら、全てが、その先のシーンへと繋がる重要なポイントである事は間違いなく、舞台を盛り上がらせるための演出であるのだが、そのシーンである意味と、繋がっていく先の展開までも考えてみる必要がある。

先の展開が考えられていなければ、今のシーンはないのだから。

と、そんな風に考えてみると、今、何が大切なのかがわかってくる。

本当の舞台では、筋書きは先の方まで大まかにはわかっている。

だから、現状のシーンの何が大切なのかは、当然分かる。

しかし、人生においては、先の筋書きが予測できていない場合が多い。

そうなると、今、なぜ、こうなのか?ということを、考えなければ、今をどうすればいいのかがわからなくなってしまいがちだ。

先へつながる脚本にしていなければ、映画のテイクの用に、何度も何度も同じようなシーンを繰り返さなければならなくなってしまうのだ。

なぜなら、先へ進めないから。

そうなると、舞台は面白くなくなってくる。

ハリウッド映画を観ていると、だいたいストーリー展開は同じで、通常の状態から、何か問題が起こって、主人公がチャレンジして、でも上手くいかなくて、ギリギリのところで復活して、最後は上手くいくってパターン。

いわゆるジェットコースターだ。

人生も面白くしようと思ったら、ハリウッド映画やジェットコースターに学べばいいのだ。

上がったり、下がったり、時には回転したりして、そんな人生なら、役者も観客も面白い。

売れる映画になる。

売れる映画は、有名にもなるし、興行収入も多い。

人生も同じだろう。

今、ちょいとコーヒーブレイクで、カフェオレを作った。

と偉そうにいうが、ミルクにインスタントコーヒーを入れただけだけど。

レンジで温めて、スプーンでくるくると回して、インスタントコーヒーを溶かそうとしていたのだけど、カップの周りをグリグリするだけだと、真ん中の粉が溶けにくい。

台風の目と一緒だ。

中心のグリグリ速度は緩やかで、静かだということが見て取れる。

やっぱ、真ん中ってのは穏やかでいいものだ。

「他人に振り回される」というけど、それは、カップの隅の方に行ってるってことだな。

他人の舞台の上で懸命に演じているんだろう。

それを、ちゃんと自分の舞台を演じているんだという意識を持つことで、他人の舞台の上で「振り回されているように見える役」として演じることができるし、その出来事は、自分の舞台において意味をなすのだ。

とりとめのない話になったが、まあ「神様とのおしゃべり」著:さとうみつろう氏は、いい本だったということを言いたかったわけですな。



ご迷惑をおかけしています!

ご迷惑をおかけしています!
お客様のリクエストの処理中にエラーが発生しました。できるだけ早くこの問題を解決いたします。
注文手続きの途中でこのエラーが表示された場合は、注文は確定されていませんので、ご注意ください。
ご不便をおかけして申し訳ございません。
Amazon.co.jpホームへ
ご迷惑をおかけしています!
お客様のリクエストの処理中にエラーが発生しました。できるだけ早くこの問題を解決いたします。
注文手続きの途中でこのエラーが表示された場合は、注文は確定されていませんので、ご注意ください。
ご不便をおかけして申し訳ございません。
Amazon.co.jpホームへ



via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.