これで、雨でも大丈夫!?

投稿日:2018年5月21日 更新日:

最近、早起きである。

日々、時間はバラバラだけど、とりあえず、5時台に目が覚めるようになった。

もちろん、その分、夜は眠い。

健康的である。

さて、今朝も、朝っぱらから一仕事した。

ずーーーと、前に、イチローさんから鉄パイプ色々もらって来て、薪棚を作ったのだが、中途半端になっている建造物があった。

一応、薪棚&倉庫へ行く時の屋根として、組んではみたものの、どうにも不安定で屋根をつけるには不安だったので、そのまま放置していた。

しかし、この放置物にも、しばらく前に役目が出来た。

それが、物干し台である。

今まで、少し上がったところに物干し台を設置していたのだが、駐車場建設のための通り道だったため、物干し台を倉庫前に移動したというわけなのである。

さて、いよいよ来月6月になる。

6月といえば、ジューンブライド。

実は、稼ぎ時というわけではない、梅雨のために結婚式をあげる人達が減るのを危惧して、ウェディング業界が作り上げたのがジューンブライドなのだ。

ってことで、6月といえば梅雨。

僕が、この場所に来たのも、7月7日で、まだ梅雨真っ盛りの時だった。

昨年のことを思い出すと、本当に雨には参った。

今は、砕石を敷いているけど、元々は土のまま。

移動するたびに、靴は泥でぐちゃぐちゃになっていた。

それを回避するために、引越しで使ったダンボールを地面に敷いてしのいでいたのを思い出す。

さらに、やたら外の移動が多いために、雨にも濡れた。

換気扇がないため、湿気もひどかった。

ってことで、倉庫へ向かう時に、雨に濡れないように屋根をつけたかったのだ。

ただし、骨組みはやわい。

ここに、予定していたようなポリカーボーネットなどの硬い屋根だと、吹っ飛んだ時に危険。

ってことで、ビニール屋根にしてみた。

ビニール屋根をビニール紐で固定することによって、ガッチガチに固めずに、ちょいと柔軟性が出て風に煽られにくいかなぁと思うわけだ。

さらに、足元には、容易に飛ばないように、ブロックをかましてみた。

まあ、まあ、きっと、これで大丈夫でしょう。

今日も、風が強かったけど、ちゃんと耐えてたしね。

マジヤバそうな、台風とかの時は、屋根を外しておけばいいのだ。うん、きっと大丈夫!


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.