想像と創造

私たちは想像する。そして、さらに創造する。

僕はよく、空想にふけることがある。

いろんなことを考える。

それは、想像である。

想像していた通りになることは・・・無い。

今まで、一度だって、想像通りになったことはない。

思考は現実化すると言われるが、想像は現実化しない。

想像は、夢に似ている。

夢は実現すると言われるが、本当のところ夢というものは実現しない。

夢は、目標に変わらなければ実現はしないのだ。

そして、想像も同じ。

目標というのは、想像ではなく、創造である。

創るのであり、造るのである。

創り出すことであり、現実に形造るのである。

想像は、イメージを想い浮かべるだけの事である。

自分の頭の中にある情報をもとにイメージする。

あれや、これや思い浮かべる。

そんなことが、現実化するはずはないのだ。

未来は、常に、想像を超えたところにある。

だから、創造しなければならない。

それは、未知のものを生み出す力になる。

想像できなくても、創造することはできるのだ。

未来が素晴らしくなるためには、造り出す作業が必要だ。

この世に生み出すために必要なものは、

「思考」「言葉」「行動」この三つである。

想像は思考、創造は行動である。

想像して、創造する。

多くの人は、想像することはできるが、

それが、創造へと繋がって行かない事が多い。

なぜか?

それは、想像したものが、現実化するイメージを持てないからだ。

「現実化する」と思えば、創造していく事ができる。

それでも、現実化すると思えない時に役立つのが「言葉」だ。

言葉は、想像と創造へとつなげていく変換システムのようなものである。

神様は「YES」としか言わない。というのを聞いた事がある人がいると思うが、言葉の使い方で本当に変わってしまうものなのだ。

希望・願望・祈りは、すべて聞き入れられているが、残念ながら当の本人の望む通りにはなっていない。

望みや願いは、叶っていないことを宣言している。

それでは、いつまで経っても叶わない。

叶えたいことは、そうなって当然であるという思考でなければならない。

そうなれなければ、言葉を使う。

そして創造ために、行動することである。

僕は人生の中でいつも思う。

想像したことは現実にならないけど、いつも、想像以上である。

創造するときは、想像できる範囲に収まっていないので、いつも、まったく想像

できないゴールにたどり着く。

そして新しい創造物が現実化している。

本当に、不思議である。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE