どんなにヤバくてもローカル食堂へ行く

投稿日:2018年4月17日 更新日:

昨日からハノイ 郊外のど田舎に移ってきた。

都心部なら、小綺麗で安心安全っぽいレストランがたくさんあったが、もうすでにここにはない。

どんなにヤバくてもローカル食堂へ行く以外の選択肢はないのだ。

ということで、ローカル食堂探しへGO!

朝食は、ホテル(と言っても部屋は2部屋しかない)のおじさんが作ってくれたフォーを食べる。で、ランチに出かける。

少ない中でも、選ぶ基準は一緒。若者がたくさんいる場所だ。

とはいえ、人自体が少ないので、とりあえず昼時にお客が入っていればOKってことにして村の中をふらつく。

判断する時間は、11:30〜12:30程度の1時間。

この時間を逃せば、どの店にもお客はいないので、まったくさっぱり見当がつかなくなってしまう。

ちょうど正午あたりに、お客が入っている店を発見。

店頭で、じーっと見ていると、どうやらチャーハンを作っているようだった。

見た目はうまそう。

お客さんも、結構チャーハンを食べている、

「よし、ここにしよう」ってことで、店内へ。

すると、店員のお姉さんが笑って何かを言っている。

何を言っているのかわからないけど、勝手な予想では「大したもの出来ないよー、いいよー?」って感じのニュアンスと捉えた。

で、テーブルの上のお皿と、他のお客さんが食べているものを指して、「コレとコレくらい(しか作れない)」と言ったように思えた。

僕たちは、もちろんそれでOKなのだ。

やっぱり、その店が得意としていて、お客さんたちが注文するものが、最もいいに決まっているのだから。

ってことで、その二つを注文。

やっぱり、当たりである。

僕たちの後に入ってきた人たちも、同じチャーハンを頼んでいた。

この店は、このチャーハンがうまいってことなのだ。

さて、夜はどうするか?

昨夜は、ホテルの夕食で済ましたが、今夜は外に出たい。

とはいえ、繁華街ならまだしも、ど田舎の村で夜に出かけて大丈夫か?

ちょいと心配だったが、なんとなく街灯もあるようなので、
行ってみちゃうことにした。

昼間、ランチ時に調査しておいた店がある。

バイクが、これでもか!というくらいに停まっていた酒場だ。

そこにチャレンジしてみることにした。

今までも、いろんなところで見かけた光景がある。

それは、みんな、黄色い飲み物を飲んでいるという光景。

今までは、それは、お茶かと思っていたのだが、お茶ではなくビールであったのだと判明。

単に、泡がなくなっちゃっていたというだけだ。

グラスも、ビアグラスではなく、普通のコップで飲んでいるので、見分けがつかなかったのだ。

せっかくの酒場なので、僕もビールを注文した。

写真を見る限り、ビールを飲んでいるようには見えないでしょ。

このビール、世界一安ビールらしく、ここでの価格一杯8,000ドン(40円)。

水とほとんど同価格なのだ。

<お客さんの、99%は男性です>

メニューはあったけど、写真はなし、ベトナム語のみの文字だけなので、はてはてさっぱりわからん。

そこで、活躍するのが、るるぶのオマケで付いていた、持ち歩き用のベトナム料理表だ。

そこに書かれている料理の写真とベトナム語を照合していく。

「おー、あった、あった」

野菜を食べたかったので、野菜料理を探すと、ちゃんとありました。

あとは、翻訳アプリを使って店員の女の子と会話。

いやー、マジで音声認識での翻訳は便利。

日本語で話しても、ベトナム語で話しても、ちゃーんと翻訳してくれる。

かなり、リアルタイムで会話ができるようになってます。

で、完璧に注文できました。

野菜炒めに、豚肉のロースト、ほうれん草のスープ、漬物、ご飯、そしてビール2杯+コーラ。

しめて、136,000ドン(680円)

日本円で考えると安いのだが、だんだんとこっちの感覚になってきて、この額で「まあまあ使ったな」という感覚になってきた。

日本と、ベトナムの給与水準で考えると、およそ4-5倍なので、感覚的には、2,720円〜3,400円って感じ。まあまあ使ったな。

店からホテルへの帰り道は、なんの危険もなく到着。

病院の医師も言っていたけど、どうも、ベトナムは治安がいいようなのだ。

出会う人も、いい人ばっかりな気がするな。

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.