誰かのブログで絶賛していた店へ行ってみた

投稿日:2018年4月13日 更新日:

さて、高級ベトナム料理店、超有名フォー専門店と立て続けに失敗したので、そろそろうまいベトナム料理にありつきたい気分だ。

いつもなら、朝食はホテルで摂るのだが、今日は、朝ごはんを食べに出かけてみた。

行った先は、誰かのブログで美味しいと絶賛していたお店。

トリップアドバイザーとか、Google mapの評価とか、ガイドブックなど、全くあてにならない情報を元にしていては、ラチがあかない。

本来は、足で探すのが本筋なのだが、今回は、誰かのブログを参考に行ってみた。

店構えは、まあまあ、高級そうな感じ。

店内に入ると、たくさんの席が並び、たくさんのスタッフがいる。

朝は、麺類しか作れないみたいで、よくわからないメニューをみながら決めるのだが、なんとなく、やっぱり、写真が載っているのが一番オススメなんだろうと思って、写真を指差して「ディス ワン(This one)」と言ってみた。

すると、注文の途中で、スタッフがスタスタとテーブルから離れ、何かを手に持ってきた。

それは、写真がたくさん載ったメニュー。

なんだよぅ、そんな便利なものがあるのなら、早く持ってきてくれよー。そう思って、受け取って見てみると・・・なんじゃこりゃ!

英語、中国語、日本語で書いてあるのはいいけれど、どうみてもやたら高そうなものばかりを並べただけのメニュー。それも、値段の記載なし。

こりゃ怪しい、怪しすぎる、それに、まったくしょ食欲をそそるものがない。

もう一度、”ちゃんと値段の書いてあるメニュー”をもらい、値段を確認しながら注文をした。

これに、バナナスムージーとコーラを入れて、20万ドン(約1,000円)

高いわけではないが、ベトナム価格からしたら高級だ。

そして、お味は・・・ローカル店の方が美味しいかもしれない。

これで、前日の昼、夜、翌朝と、三食続けて、味と価格で満足のいかない食事となってしまった。

つ、つ、次こそは、なんとか、うまい(コスパの良い)ベトナム料理にありつきたい。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.