とうとう「その時」が来た。

「その時」

一体、なんの時なのか?

それは、今から、ちょうど五ヶ月前。

2017年9月11日のこと。

この日に何があったのかというと・・・

「汲み取り」

そう、ご想像の通り、糞尿の汲み取りである。

この日、汲み取りの代金「32,400円」を支払った。

「高い!」

汲み取りというのは、行政が業者を指定している。

要するに、独占権がお上から与えられた業者のみが営業できる。そして、依頼する側の住民は、業者を一切選べない。

こんな、江戸時代のような悪行が、現代でも行われているとは、まったく想像もできなかった。

と、いうことは、

「業者の言い値」

ってことなのですよ。

それは、完全に、弱い立場の住民が搾取されても、文句一つ言えない。

文句を言えば、どうなるか?

「家中糞尿だらけ」

ってことですよ。

こんな、横暴がまかり通ってたまるか!

ってことで、9月11日、僕は一つの誓いを立てたのだ。

「もう、汲み取りなんか頼むもんか!」

その昔、人糞は肥料として使われていたのだ。

それも、高級肥料だった。

巷では、鶏糞がよく売られており、暖かくなって来て、ホームセンターで、じいさんたちが買っている光景をよく目にするようになった。

そんな鶏糞にも、牛糞にも、化学肥料にだって負けない、最強の肥料、それが・・・

「人糞肥料」(自家製)

なのだよ。はっはっは!

前置きが長くなりましたが、「その時」というのは、そう、

「糞尿汲み出しの時」

なのです。

こんなに早く、この時が来るとは思わなかったのですが、どうにも、やっぱり、大雨によって、便槽に雨が流れ込んでいるように思えるのです。

9月の時も、大雨の後。

そして、今回も、大雨の後。

雨が入らないように、対策が必要なのですが、それでも、なんでも、「今」満タンに溢れそうになっている便槽に、空きを作らなければならないのは事実。

と、いうことでやりました。

倉庫の中にあった柄杓。

なんのために、ここにあったのか?

やっぱり、糞尿をすくい取るためでしょ!

計画は、こう。

柄杓で、すくい取り、ベランダとかに置くようなプラスチックのケースにジャバジャバ入れる。

それを、ジャガくんで運び、部落の祭りの時にもらったおが屑の山に穴を掘って、そこへ投入。

おが屑と、そこらへんの落ち葉を入れて混ぜ、ブルーシートで覆って発酵を待つ。

ってことで、早速開始!

ずっと前にもらったおが屑の山。

やっと、活用ができます。

ブルーシートを外して、シャベルで穴を掘ります。

水分は、どんどん浸透してしまうだろうから、固形物が入るだけの大きさがあればいいので、こんな具合でOKでしょう。

冬の間、この便槽の上に、薪棚を組んでいましたが、薪棚は移動。

さあ、いよいよ、禁断の扉ならぬ、禁断の蓋をオープンします!

と言っても、中はお見せ致しません。

ここから、エッチラ、ホッチラ、柄杓で汲み取りって行きます。

そして、プラボックスをいっぱいにしたところで、おかクズの場所へ移動します・・・が。

「あっ」

やってしまいました。

重いので、大丈夫かと思っていたのですが、見事に、絶対にやってはいけないことをやってしまいました。

先日の、ガス爆発も、山だからよかったもの、住宅街だったら事件でしたが、今回も、山だからよかったものの、これもまた、住宅街だったら大事件でした。

写真で、お分かりかと思いますが・・・

「ぶちまけました」

それも、もっと上の方ならまだしも、小屋のすぐ前です。

誰か来たらヤバイかったです。

もちろん、すぐに、水でたっぷりと流しましたが。

気を取り直して、再開しようとしたのですが、なんと、プラボックスが破損してしまいました。

このまま、今日を終えるか、プラボックスを調達に行くか?

迷ったすえ、ホームセンターまで調達に行きました。

出で立ちは、一発目の写真の通り。

頭にタオル、作業服、林業用汚れまくり(洗濯はしてある)破れまくりのズボン、白長靴。

どんなに田舎のホームセンターだと言っても、かなり、ヤバイ出で立ちでした。

それに、糞尿が飛び散って、服や顔についていたかもしれません。

そんなことは、気にせずに、プラボックスを買って、ついでに、スーパーにも寄って、さあ、再開です。

今度は、ジャガくんに、ちゃんと固定して、慎重に運んだので大丈夫。

汲み取ってみると、やっぱり、ほとんどが水分。

せっかく、いい肥料ができるかと思っていたのですが、固形と水分の割合で言ったら、1:100くらいです。

なんだか、単に水を汲んで運んでいるだけな感じでした。

やっぱり、雨が侵入してしまっているとしか考えられない水分量でした。

ま、それでも、なんとか、便槽の半分ほどを入れて、おが屑と、そこらへんの葉っぱを入れて、再びブルーシートをかけて終了!

ぶちまけた以外は、そんなに面白みがなかったなぁ。

水分ばっかというのがいかん。もっと、うんこだらけの方が楽しいのだ。

うんこ溜めるぞー!


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE