半年ぶりに、ポルシェセンター四国中央へ

電動コンバーチブルトップ(オープンカーの屋根)がうまく開かない現象で、結局、またまた、ポルシェセンターへ持ち込んだ。

<ピットの入り口にいるのが、僕のカレヤンだよ>

紹介された近所の外車専門の修理工場に行ったが、結局ダメだったので、自分で出来ないかと、サービスマニュアルとECU診断機を買ってやってみたがダメだった。

ってことで、ポルシェセンターに行って、ポルシェセンターと一部の専門ショップしか持っていない、ECU診断機で調べてもらうと・・・

「なんじゃい、出てくる内容は一緒じゃん!」

高額な診断機なら、もっと細かく出るのかと思ったら、内容は僕が買ったのと一緒だった。

結局は、バラして、一つずつテストすることが必要だってことだった。

「そっかぁ。意外と、修理っていうのも大変なんだなぁ」と実感。

てことで、カレヤンは、しばらく入院することになりまして。

その間、僕の相棒になってくれるのが、フォルクスワーゲン パサート。

<帰り道のパーキングで撮ったよ>

幅は、カレヤンと同じくらいだけど、セダンなので、長さが、ちょい長いのだ。

<内装が、なかなか高級チックである>

パサートって、日本車でいえば、サニーとかと同じような部類だと思うけど、高級っぽいなぁ。

せっかくのゆったり五人乗りだけど、ここでは、ほぼ用無し。

車に乗せるのは、荷物だけで、人を乗せることは、ないからなぁ・・・

ドライブするには、カレヤンの方が快適だし。

帰り道に、このパサートの使い方を色々と思案していたのだが、どうにも、セダンっていうのは使い道がないのだな。

この分だと、カレヤンの修理ができるまで、車庫で眠っているだけになってしまいそうで、やや勿体無い。

なんか、いい使い道ないだろうか?


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE