陽が当たらないので、ソーラーライトがすぐ消える。残念!

投稿日:2018年1月30日 更新日:

当然ながら、ここには、街灯というものはありません。

ご近所さんから、漏れる明かりもありません。

頼れるのは、月明かりだけ。

もちろん、電気を使ったライトもあるのですが、電線を引っ張るのが面倒なので、暗い倉庫の入り口に、ソーラーライトを付けたのです。

が、ソーラーに光が十分に当たらないために、ライトが夜まで持たないのです。

天気のいい陽なら、寝る前までの、22時くらいまでは、なんとか頑張ってくれますが、曇っている日は、てんで駄目。

そこで、今日、南側の杉の伐採もしましたが、もう一つ、実験を試みました。

ソーラーパネルの周囲に、アルミホイルを貼っておいたら、充電効率が上がるか?という実験です。

スキー場で、スキー焼けをするように、白や銀は、とっても光を反射しますから、それと同じように、ソーラーパネルにも、たくさん光が当たるのでは?と、思ったのですが・・・どうだろう?

ソーラーの周囲の屋根材は暗いです。

そこで、

アルミホイルを貼ってみたわけです。

どうなるかなぁ?


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.