ベーコン作ったぞ!

ベーコンといえば。

懐かしい、目黒のハム屋さん。

当時、いろんなところに行っては、ベーコンを買って、食べて、そして、決定的に美味しかったのが、目黒のベーコンだった。

お店の名前は・・・「FRENCH DELICATESSEN KAMIYA」

ここのベーコンは、芳醇な香りと、深い味わいがした。

朝、このベーコンを焼くと、単なる肉を食べているのではなく、何かこう、とても豊かに一日を過ごせるような気がするような、香りと味わいだったのだ。

その香りと味は、もう、すでに記憶のかなたに行っていたのだが、今日、ベーコンを自分で作って、その芳醇な香りと深い味わいを思い出した。

香りの主な正体は「桜」

桜チップという、桜の木をチップにして、それで燻すと、芳醇な香りがつく。

この桜チップ、もちろん、自分で作りました。

きっと、チップの新鮮さも、重要なポイントなんだと思う。

といっても、ほとんど、おがくずですけど。

でも、いいんです。

なんでも出来ます。

そして、この寒空の中、外で火を起こしまして、燻製にするわけです。

こんな感じ。

周りは、雪です。

そして、使う肉は、豚ではありません。

もちろん、イノッチであります。

先日、お手伝いした、90kgのイノッチ(メス)のバラ肉です。

一月に獲れるイノッチ、それもメス、さらに90kgという巨体には、分厚い脂肪がくっついていました。

こいつをベーコンにするわけです。

目黒のハム屋さんKAMIYAで買うベーコンも、いつも、脂が非常に多かったのを思い出します。

良質な脂というのは、実にうまい。

旨味は、脂にあるといってもいいのではないかと思うのです。

そして、燻すこと、約三時間。

出来ました!

ジャーン!

うまそー!

そして、食べてみると・・・旨いっす!

あ〜、KAMIYAのベーコンを思い出しました。

この芳醇な香りと深い味わい。

脂がしつこくなく、さらりとしていながら、旨味がある。

もちろん、僕に、ベーコン作りのノウハウや腕があるわけではありません。

これは、やっぱり、すべてが「◯◯したて」がポイントなんでしょう。

肉は、獲りたて。

桜チップも削りたて。

そして、燻したて。

肉も、桜も、燻すのも、自前で出来るからこそでしょうね。

いや〜、マジで幸せだー。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE