やっぱり、パンは自分で焼く

ドラゴーネ、ああドラゴーネ、ドラゴーネ

僕が好きな、ドラゴーネの幻の食パン。全粒粉40%
いつから、ドラゴーネに通っていたのか忘れてしまったけど、四ツ谷の小さな店で買っていた時から、その後、外苑前(東京青山)にある、僕の会社&スタジオ&自宅から、徒歩2、3分の場所に、ドラゴーネの支店が出来た。

しかし、程なく閉店してしまった・・・
まあ、ドラゴーネのパンは、めっちゃ美味しいけど高い。
食パン一斤750円は、スーパーの食パンと比べたら数倍する。
それでも、材料代を考えると、たいして儲からない価格なんだろうな。

そんなドラゴーネが、外苑前駅から徒歩1分の立地の場所に店を出したのだ。
きっと、青山なら、ドラゴーネを選ぶお客さんがたくさんいて、常連が増えるだろうという見込みだったのであろうが、実際には、ドラゴーネを選ぶようなお客は、電車や徒歩ではなく、都心住まいでも車でババーン!と行ってしまうので、立地なんて関係ないんだよね〜。

その後、僕は、九段南(市ケ谷)に引っ越したので、四ツ谷のドラゴーネまでは自転車で行っていたのだ。

そして、愛媛へやってきた。

愛媛には、やっぱり無い

ドラゴーネに匹敵する食パンはない。
まあ、あのレベルのパンを作れないのではなく、材料費が高額で、結果、パンの代金も高くなり、それでは、なかなか売れないってのが理由だと思う。

ってことで、結局、自分で作ることにした。
こっちに来て、一度、パン作りをしたけど、真夏、真冬には思うように出来なくて結局止めてしまっていたのだけど、今回、新しい相棒を導入した。

ホームベーカリーってヤツである。
米で言えば、炊飯器というヤツであろう。
当然、こうしたものを使わず、手でこねて、オーブンで焼いた方が美味いに決まっているだろうが、なんせ、一度断念した身であるから、餅も出来るし、生パスタ、バターにチーズまで出来るってことなので、一度やってみようと思って買ってみたのだ。

天然酵母と春よこい&全粒粉

まずは、試しに、パン焼きセットみたいなのが付いていたので、そいつでやってみた。
パンケーキミックスみたいなもので、そのミックス粉とイーストと水を入れれば出来ちゃうというヤツ。
そうは言っても、入れるものは、小麦粉に、バターと塩、砂糖だけなので、ミックス粉の意味など無いに等しいとも思ったけども。

出来上がったので食べてみた・・・

不味い!

まあ、予想通りではあったが、不味かった。
これじゃあ、スーパーの特売食パンの方がまだマシである。
当然、廃棄。

次に、そこら辺で買った強力粉とイースト菌、ジャージーバター、三温糖、ヒマラヤピンクソルトで作ってみた。
ジャージーバターの香りがかすかにするが、美味しいかというと程遠い。
一応、食べられる感じではあるが・・・

結局、ネットで、北海道産の小麦粉「春よこい」と、国内産全粒粉、天然酵母を買ってやってみた。
1年半前に、パン作りをした時と同じような材料である。

その時は、手ごね&オーブンで焼いた。
そして、うまかった。

今度は・・・

美味い!

これならイケる。
もちろん、ドラゴーネには匹敵できないが、ちゃんと美味しいと言えるパンが完成した。

結局、材料がよかったら、それなりに出来るものなのだな。
ちなみに、一斤にかかるお値段は、材料費だけで、約500円である。
(材料は二斤分で、出来上がりの大きさは一斤並)
高いけど、美味い。

-COOK:料理, MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE