冬至を過ぎた。日照時間めっちゃ短い!

この山に来た時は、夏のはじめ。7月7日だ。

夏の時は、木々が生い茂っていて、影がたくさんあり、日光で暑いということはなかったので、よかった。

そして、秋になり、冬を迎えた。

山を買う前に、ここが北向きなのはわかっていた。

しかし、この時期の太陽の角度が、38度程度だったので、山の頂上からの角度が30度以下であれば、ちゃんと日が当たることになるのを計算して買ったのだ。

で、冬になってみると・・・日が当たんねーじゃん!

計算違いではない。

実は、木の高さが計算には入っていなかったのだ。

地表での計算によれば、日照にはまったく問題がなかったのだが、ちょうど、南から西に生えているヒノキが日光を遮ってしまっていたのだ。

それだけではない、朝日が昇る東には、ここよりも高い山があり、朝日は、10時ならないとお目見えしない。

そして、ヒノキに隠れるまでの、ほんの2時間が、僕の日光浴時間なのだ。

それでも、ヒノキの影から、チラホラと午後の日差しが見えるのだが、それも、午後2時で終了。

日照時間、一日4時間かよ。

下界に目を向けると、街には、光が燦々と降り注いでいるのだ。

あー、うらやましっ。

今は、南から西にかけてのヒノキを、ガンガン伐採しているので、来年は、午後の光も降り注ぐはずなのだ。

あと、何百本か・・・ガンバルゾー!


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE