パンッ、パンッ、パンッ!早朝、銃声が轟く

と、言っても、もちろん殺人事件ではない。

都会に居れば、いや、普通に生活していれば、銃声など聞くことはないのだろうけど、なんせ、ここは山の中。

猟友会の面々が、狩りをしているのだ。

というのを、先日、イチローさん(イチローに似ているので、僕が勝手に言っている)から、イノシシ狩りの話を聞いていたので、銃声が聞こえた時は、驚くことなく「おっ、やってるな」と、冷静でいられた。

しかし、もしも、聞いてなかったら・・・

相当ビビってたかもしれない。

幸いにして、銃声は、近くではなく、それなりに距離がありそうな感じだったので、弾が飛んでくることはないだろうけど、狩りなのか?事件なのか?区別がつかなかっただろう。

狩りの時期が、今月11月からなのだそうだ。

なので、今頃に聞こえてくるのは、それも、早朝なので、当然、狩りだってわかる。

この前、東京から戻ってきたら、道路沿いの法面(のりめん:道路を作った時にできた土の急斜面)を、何箇所もほじった跡があった。

「おーい!土が崩れるじゃんか!やめてくれー」と、言ってやりたかったが、時すでに遅しだ。

防ぐ手立てもないので、やられ放題なのだが、手立てがあるとすれば・・・ゴルゴ13しかない。

いずれ、僕も、ゴルゴになるか!?


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE