カビ対策に、劇薬、化学薬品を使ってやったぞ!ガッハッハ

ベンザルコニウム塩化物液なるものを入手して、エタノールと水を加えて、カビの野郎どもを蹴散らしてやった。

はっはっは、ざまあみろ。

俺様の、貴重なアイテムに張り付くとはいい根性をしてやがって。

だいたい、あいつらは、高いもの(革製品)にくっつきやがる。

合皮にはくっつかないのだな。

あと、安い木にもくっつかない。高い高級家具にはくっつきやがるのだ。

でも、これで、全滅必至だ。

と、思ったけど、やってから、ちょっぴり後悔した。

もっと、自然の素材を使ったいい方法があったのではないだろうか・・・?と。

最近、培養している、乳酸菌をはじめとしたEM菌で、やれたんじゃないだろうか?とか思っているのだ。

結局、薬剤を使って、カビを殺して、アルコールで菌を防止しても、その分、皮や木にもダメージがあるのではないだろうか?

薬剤とアルコールの成分が緩和されれば、また、同じようにカビが発生してくるような気もするのだ。

それよりも、人間の皮膚と同じように、全体が、いい菌(僕らにとって都合のいい菌)に包まれていて、カビなどの悪い菌(僕らにとって都合の悪い菌)を防いでもらうようにすることができれば、それが一番いいのだ。

うーん、菌とか、カビとか、酵母とか、見えないだけに奥深い。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE