とうとう、作業用テーブル・・・作った?

もう直ぐ、ここに来て3ヶ月になろうとしています。

今まで、いろいろと自作してきましたが、家具?というか、木工細工?というか、そんなようなものを作るのに、本当は、作業用のテーブルが欲しかったんです。

しかし、テーブルを買うにしろ、作るにしろ、外なので、雨ざらし。そして、簡単に移動できない。そう思うと、作業小屋を作るまで、作業用のテーブルはお預けにしていたのです。

が、やっぱり、不便。

ちょいと、難しいことをやろうとすると、やっぱり、テーブルが欲しくなる。

なので、もう、雨ざらしでも、移動できなくてもいい。

とりあえず、作るぞ!

そう思い、まずは、いつも通り、設計図を書く。

そして、ホームセンターへ行く。(今回は、西山JOY PRO:大工さんが行くようなとこ)

まずは、天板を決める。

一番安いのは、合板だけど、見た目はイマイチ。(つーか、ここで見た目きにするか!?)

そこに、ちょいと良さそうなのを発見した。

杉の横継ぎ材だ。厚みも24mmといい感じ。よっしゃ決定だ!

そして、脚。・・・と、思ったら。

杉の横継ぎ材の横に、「作業のテーブルの脚」というのが売ってる!

Oh!こんなものが世の中にはあるのかー!?知らなかった。

カットされた2枚の合板を、溝に沿って組み立てると、あっという間に脚の出来上がり。

おい、マジかよ。ちょー簡単じゃね?

一応、角材での製作も考えたけど、やっぱ、これがいいじゃん!

これなら、なんと「仕舞える」「運べる」雨に濡れない。

そして、天板を乗っけるだけで出来上がり。

お、お、おおっ!

何も作ってない。

ただ、買ってきただけ。

合計金額 8,600円

これ、作業台だけじゃなくて、普通にテーブルとしても使えちゃうじゃんか。

なんせ、天板が、なかなか趣のある?杉の横継ぎ材だから。

大きさだって、1890×910とデカイ。

それに、どこにでも持っていける。

なんか、革命的なものを感じたよ。

知っている人は、知ってるんだろうけど、僕は知らなかったな。

天板さえ、ちゃんとしたものを使えば、白いクロスをかけて野外で食事してたら、ちょっとオシャレじゃないの!

ちなみに、さすがに、作業用テーブルの脚として売っているだけあって、全く、ガタつかないっす。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE