狭いキッチン、広くする計画。其のホニャララ

なんども言いますが、キッチン狭いです。

キッチン用品のほとんどは、倉庫のダンボールの中。

「あっ、あれ使いたい」と思ってから、倉庫に行って、ダンボールを下ろし、中をゴソゴソと詮索する。という具合です。

こうなってくると、だんだんと自炊が億劫になってきてしまうのです。

料理をするのは好きなんですけどね。

そこで、やっぱり、キッチンを広くしたい!

と、思っても、面積は決まっています。

決まっているけど、増やせるのが・・・

そう、体積です!

縦に積めばOKってことですよ。

幸い、高さはあるんです。

一般的な家のキッチンに比べて、天井は高い。

その高さを活かせば、使えるスペースが広くなるってことで、またまた棚作りました。

今度は、床置きタイプではなく、梁にひっかけて吊り下げるタイプです。

えー、耐久性とか、最大荷重とか、さっぱりわかりません。

一応、材料力学の本なんか買ってみましたけど・・・

昔、算数は得意だったんですけどねー。

とりあえず、物を置いていってみて、やばそうなところでやめるってことにします。

いや!なんとか頑張って、耐荷重計算します!たぶん・・・

ついでに、今回、新しく加わったおもちゃもご紹介。

まずは、

マルノコくんです。

丸ノコギリの略だと思うけど、その名の通り、丸いノコギリが付いてます。

あっという間に切れちゃうけど、その分、ちっちゃく、細かく切るのが苦手かも。(僕が慣れていないせいも十分にある)

次に、

電動カンナと、電動サンダー(紙やすり掛け機)くん。

今回、ツルッツルのちょい高い材料ではなく、ザラッザラの安い材料を買ってきて、カンナをかけてツルッツルにしてみようかと思ったけど、いかんせん、最も大事なものがうちにはなくて不便だったのでやめてしまったのだが、その最も大事なものとは、やっぱ、作業台が欲しいっす!

今までは、小屋の横にある、大きなベンチでやっていたんだけど、いかんせん低い。

けど、屋根のあるところがないので、雨ざらしになってしまうのが嫌で、今まで保留にしていたけど、やっぱり、必要だなぁ・・・

そうそう、作業台がなくて、材料を固定できないので、カンナとサンダーが掛けにくくて、結局、今回は出番なし。

しかし、これから、なんども活躍してもらうので、買っておいていてもOKなのだ。

次は、作業台。作るか、買うか?


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE