どしゃぶりの雨

どしゃぶりの雨の日に、家にいると、ずっと昔のことを思い出す。

たぶん、幼稚園児くらいだったと思う。

そころの住まいは、昔よくあった、平屋でふた部屋の借家。

どこにでもあった、何軒か同じ造りで、まとめて建てられていた、よく見た借家だ。

窓のすぐ目の前は、隣の家。

なので、景色などというものはなかった。

ある日の夕方、僕は、どしゃぶりの雨の日、外を眺めていた。

その時にこう思っていた。

「こんなに雨が降っているのに、僕は濡れないんだ

屋根があるっていうのは、何て幸せなことなんだろう」と。

どんなに雨が降っても、激しく降っても、僕は一向に濡れないことに幸せを感じていた。

過去生に、何かあったのだろうか?

家があって、屋根があって、雨に濡れない。

なんて、当たり前のことだが、そんなことを純粋に幸せだと思っていたんだな。

もちろん、今でも思ってる。

幼稚園児のころの感動や感激は、薄いだろうけど。

でも、実は、それと同時に、とても嫌なことも思い出す。

はっきりとわかったいることと、関連しているんだろうけど、よくわからないこと。

いろんなことがゴチャゴチャしているんだけど、とても嫌なこと。

だから、どしゃぶりの日に家で、雨を眺めていると思い出す。

とても幸せな気分ととても嫌な気分。

今では、嫌なことも薄れたが、幸せっていうのは、不幸の裏側にあるのかもしれないとも思う。

家を失った経験のある人は、家があることにとても幸せを感じられるだろう。

友人を亡くしたことのある人は、友人がいることにとても幸せを感じられるだろう。

お金がなくてとても困ったことがある人は、お金のありがたみをしみじみ感じることができるだろう。

・・・あんまり思い浮かばないけど、そんな気がする。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE