ポテサラ作ろうと思ったら・・・マヨねーんじゃん?

冷蔵庫の野菜室に、ジャガが転がっていた。

しばらく前に買って、そのまま、寝っ転がったままだった。

今日から、金曜日まで雨の予報。

なので、4日間は、外での作業は計画せずに、屋根の下でなんかやるってことにしているので、早速、転がっているジャガを使って、ポテサラを作ることにした。

なんせ、ちょうど、昨日卵も買ってきてある。

ジャガを蒸して、いつもは皮をそのまま入れるくせに、今日に限って、地道に剥いてみた。

そして、潰す!

一緒に、卵も茹でればよかったのに、なんだか、余っているジャガに気を取られ、卵を茹でるのを忘れてた。

なので、潰している間に、卵を茹でる。

と、ここで、脱線します。(いつも通り)

昨日買ってきた卵なのに、殻がスルッと剥けちゃう。ん?

賞味期限を確認すると、9月18日。ちょうど、2週間の賞味期限になっている。

僕の知っている知識によると、生みたての新しい卵は、たまご内の膜がひっついちゃって殻が剥きにくいハズなのだ。

なのに、スルッと向けるということは、古い?

いやいや、まさか。

もしそうだとしたら、1週間は経過していると思われる。

その状態で、2週間の賞味期限をつけて売っちゃうか?

・・・

ここで、あることを思い出してしまった。

その昔、僕が10代の頃のバイトの話。(また、思いっきり脱線)

僕は、スーパーなどに下ろす肉の工場で働いていた。

そこでの仕事は、リパックという仕事。

1.かぶさっているラップを剝ぎ取る

2.新しくパックする

3.そこに、新しいラベルを貼り付ける

これを繰り返す仕事なんだけど、何やってるかっていうと、賞味期限が切れた、または切れそうな肉のパックを回収して、ラップを取って、新しくして、新しい賞味期限のラベルを貼って出荷する。

「うそ〜」

だと思うでしょ。ホントよ。

ちなみに、肉は漂白したり、着色したり、防腐剤塗ったりしているけど、それでも、黒くなってくるので、そんな野郎は、まず、見えないように下に隠すってことをする。

肉買うと、たまに、下の方黒くなっているのあったりしない?

さらに、どうしようもなくなると・・・味付け肉に変身。

タレに漬け込んじゃえばわかんないからね。

ということを思い出したが、

「うそ〜」

だと思うけど、ホントだったしして?

こればっかりは、現場をみなきゃわかんないけどね。

でも、まあ、今は、よしとする。

と、まあ、いろいろとやっているうちに、あることに気がつく。

「あれっ、マヨあったっけ?」

と、思ったけど、次の瞬間、こう思った。

「マヨなんて、作れるんじゃねーの?」

早速、クックパッドを見てみると、なんだよ、簡単じゃねーか。

卵、酢、油ってほとんど、こんだけー。

混ぜれば出来上がり〜。

クックパッドでは、なんか、料理好きの人の家にしかないような、切りながら混ぜるみたいな機械でやるって書いてあるけど、そんなものは、もちろん無い。

でも、ふっと思った。

切りながら混ぜる?

ミキサーでよくねーか?

つーことで、ミキサーでマヨ作ってみたべ。

これで、よくねーか?

レシピに、辛子少々って書いてあったので、コショウの隣にあったチリペッパーを入れてみたけど、これは失敗だった。

マヨもポテサラも、チリペッパー味になってしまったよ。

でも、まあ、いいか。

そんなわけで、ポテサラも完成だ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE