除夜の鐘で目が覚めた

投稿日:2020年1月1日 更新日:

1月1日午前0時

昔は、夜中から初詣に出かけたり、朝まで起きていたりしたが、いつの頃からか、そんなことはせずに、いつも通り寝るようになっていた。

今夜も、9時過ぎにはベッドに入りすでに夢の中。
今年は、初めて年越しを山で迎えている。

寝ていると、何かの音で目覚めた。

「んっ?なんの音なんだろう?」

数秒に一回鳴る電子音のような音。
「一酸化炭素警報器の音だろうか?少し濃度が濃くなってきてるよーとかか?」
そう思いながら起きだしてみる。
しかし、警報器からの音ではなかった。

よく耳を澄ましてみると、外から聞こえている。

「あー、除夜の鐘か」

家にいて、除夜の鐘を聞くってこと、今までなかったかもしれない。
浜松に住んでいるときにも、東京に住んでいるときも、そして、千葉にいるときにも、除夜の鐘って、鳴っていたかもしれないけど気が付いたことはなかった。

とはいえ、距離はありそうで、鐘というよりも電子音程度に、ちょっと聞こえるくらいなのだが、それでも、

「一年が終わり、そしてまた、一年が始まったんだなぁ」

と、感慨深い思いになったことは間違いない。
イベントいうものは好きではない僕だが、こうした区切りというものは、人として重要なものかもしれないと、最近は思っているが、除夜の鐘でまた少し、イベントの大切さを思ったのである。

さようなら2019年、初めまして2020年、今年もよろしく

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2020 All Rights Reserved.