一緒に薪割りやろう。半分どうぞ。体験だけでもOK

投稿日:2020年1月12日 更新日:

木が密集し過ぎてて・・・

今までは、風呂焚きだけだったので、薪作りに対してあまり本腰を入れていなかったのだが、薪ストーブを使うようになったら、薪の消費量が約3倍に増加!
これは、本格的に薪作りに着手しなきゃならないってことで、なんとかやっているのだが・・・

山を見渡すと、木・木・木、木だらけ。
それも、密集し過ぎていて、それぞれの木が大きく育つことができないでいる。
これは、杉やヒノキの植林された人工林はもちろん、自然に生えてきた広葉樹たちも同様で、細い木々が上にばかりヒョロヒョロと伸びている。

木はいくらでもあるのだけど・・・

木は切ってあげないと、それぞれがひしめき合って、結局は、すべての木が成長できない。
なので、切りたいのだけど、一人ではとてもやり切れず、正直、腰が引けている。
実際、杉・ヒノキなどの針葉樹が千本以上、広葉樹も数百本は伐採の必要があるのだ。

薪欲しいって人、居るんじゃないのかな?

近年、薪ストーブを使う人たちが増えているようなのだが、みなさん薪をどうやって工面しているのだろう?
この辺の田舎の人たちであれば、自分で山を持っていたり、親戚や知人が持っていたりして、薪の調達にはなんら苦労はしていないのかもしれない。

それでも、松山市は51万人都市で、それなりに大きいわけなので、きっとこの辺りでも、薪を買っていたり、調達に苦心している人がいるのではないか?と、ほんの少しの希望を持って、これを書いている。

自分で薪を作りたくても、そもそも木を手に入れる手段がないという人もいるだろうし、チェーンソーを持っていない人もいるだろう。
まあ、単に面倒だという人もいるかもしれないが、そうした人は、薪ストーブ自体が面倒だろうしな。

一緒に薪作りをやろう!

切りたい木は、いくらでもあるので、労力さえ惜しまなければ、薪はいくらでも量産できる。
労力さえ惜しまなければ・・・

チェーンソーは、自前を持った方が良いので、購入をお勧めしたいが、持っていなくても、切るのは僕が担当して、割るとか運ぶのを担当してくれてもいい。

道具は、チェーンソーの他、木材を運ぶ【林内作業車】(ジャガくん)はあるし、今月から【エンジン薪割り機】も導入した。もちろん斧も、鉈もある。
なので、道具としては、量産体制が整っているのだ。

作った薪は、半分持って帰ってもらってOK!
もちろん、持って帰らなくてもOK!(僕に全部くれてもいいんです)
ってどういうことかというと

薪ストーブ持ってなくても【体験】したいだけでもOK

・木を切ってみたい
・薪割りをやってみたい
・斧をふるってみたい
・山で、体を動かしたい
・Markを手伝ってあげたい(ありがとう!)

って理由でも、やりに来てくれてOKってこと。

薪の代わりに、【スウェーデントーチ】を作って持って帰ってもらってもいいし、丸太を薄く切って、【コースター】を作ったり、大きな丸太を薄く均等に切るのは、ちょいと難しいけど頑張れば、丸太の薄切り【ランチョンマット】が出来るかもしれない。
そうして作ったものを持って帰ってくれてOK。

いつでもいいけど、とりあえず、日曜日と祝日に

僕は、いつでもいいんだけど、来る人にとってみたら、日程が決まっていた方が来やすいと思うので、

毎週土曜、日曜、祝日 開催(3月29日まで)

ってことにしようと思う。
時間は、

9:30 〜 16:30

お昼ごはんは、僕が何かを作ってあげるか、一緒にどこか近所のお店に食べに行きましょう。

服装は、長袖、長ズボン、靴は山に入れるようなもので。長靴でもOK!
持ち物は、飲み物と持っている方は、

チェーンソー、斧、鉈など

雨、雪、強風などの時は中止です。
少雨や雨の予報の時も中止します。

場所はこちら

普通車で入ってこれます。

薪割り参加してくれる人は、直接、来てください

アポイントメントなどは、何もいりません。
直接来ていただいてOKです。
ただし、日曜日でも、予定がある時や、出かけてしまっている時があるので、下記のカレンダーで予定をチェックしてからお越しください。

土曜、日曜、祝日以外の日程で来たい方は、下記のフォームから希望日を教えてください。

薪割り体験したいけど、車がない!って方は、バス停まで迎えに行きます。
バス停は「断層口」終点です。
9:01着のバスでお越しください。
送迎が必要な方も、下記のフォームから教えておいてください。

参加、お待ちしてます!

-MARK'S LIFE:日常, イベント

Copyright© Mark's LIFE , 2020 All Rights Reserved.