キッチンの棚作り

ワンルーム並みの広さの小屋なので、キッチンも小さいです。

今まで、都会の狭いマンション暮らしだったとはいえ、1LDKに付いていたキッチンは、それなりの大きさでしたから、荷物は、全く、キッチン内に収まってはいません。

自炊をしない人ならいいのでしょうが、僕は、基本が自炊。

ほとんど、外食はしないため、キッチンの充実度は、非常に重要なんです。

とはいえ、限界はあります。

その限界を、極力、広げるため、今日は、隙間に収める棚を作りました。

今までの、網戸や靴置きの材料とは違い、面取りしてある綺麗な、ホワイトウッドなる材木を調達。

木をカットするための、丸ノコと言う機械を買っていないので、材料のカットは、ホームセンターの人に頼んでいるんです。

で、カットしてもらった材料を持って帰って・・・組み立てるだけ。

作ると言っても、IKEAで買った棚を組み立てるのと、大差はないんですけどね。

単に、自分家に合わせて図を書いて、材料の寸法を決めて、木材を買って、切ってもらうだけ。

かかる材料費は、3,000円くらい。

安い材料の市販品なら、3,000円あれば、同じようなものが買えちゃいます。

でも、やっぱ、木の家には、木の棚の方がいいじゃないですか。

僕にとっては、ネジをつけるのも、寸法を計算するのも、どんなことも経験ですから、安くて経験値がUPするのだから、一石二鳥なんです。

人生で、もっとも重要なのは、お金よりも、やっぱ経験値でしょ!


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE