1年かかって、ようやく町道復旧工事終了

投稿日:2018年9月28日 更新日:

1年前の9月。

この山に引っ越してきて2ヶ月が経った頃、この周辺が豪雨に見舞われた。

その時、僕はちょうど東京へ行っていて、奥さんの実家でニュースを見ていた。

携帯には、警報情報がひっきりなしに入り、ニュースでは、川の氾濫、土砂災害、床上浸水などの被害が報道されていた。

まさか、そんな事態になるなんて思ってもみなかったので、まだまだ暑い季節だったこともあり、僕は、小屋の窓を開けっ放しで東京に来ていたのだ。

きっと、室内はビシャビシャだろうなぁ・・・と諦めていたのだが、幸いにも風はひどくなかったようで、室内に雨は振り込んではいなかった。

しかし、豪雨の爪痕は、土砂崩れという形で残っていた。

うちの山へ上がる道沿いが二ヶ所土砂崩れが発生。

そのうち一つが、道路下の土を削っていて、通るのにちょいとスリルを味わう状態になっていたのだ。

それでも、スリルはあるけど、アスファルトがそれ以上崩れることはなさそうだったので、通るのにもそのうち慣れたけど。

↑この状態で1年間。

それが、ようやく工事が終わり

ジャジャーン!

頑丈な擁壁が出来ました。

これで、今の所、危険な箇所が無くなったので、いよいよ、大きなトラックや生コン車に来てもらえる体制が出来ました。

あっ、でも、あと、道路の陥没とか、地盤沈下とか、そんなことも役場にやってもらえたらベストなんだけどね。

実は、工事のために入った大型の機械のせいかどうかわからないけど、ちょっと轍が深くなって、カレヤンのお腹が擦るところが出来ちゃったんだよなぁ・・・

役場行ってこようかなぁ。

-MOUNTAIN LIFE:山暮らし

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.