OPERAがFANの餌を食べてしまう事件

投稿日:

ヤギは草食、犬は肉食なので、今までは、エサを奪い合うことはないと思っていた。
しかし、OPERA(ヤギ)を甘く見ていた。

今まで、見向きもしなかったドックフード。
FANの小屋に置いておいても、OPERAは、ちょいと匂いを嗅ぐだけで食べることはなかったのだが、昨日、事件が起こった。

なんと、ドックフードを食べてしまっていた!

おいおい、草食のヤギが、チキンのドックフードを食ってるよ。
チキンに釣られたわけじゃないと思い、ドックフードの成分表を確認してみると、最も多く入っていたのはトウモロコシ、次に多いのが大麦だった。

か〜!
OPERAの大好物TOP1&2がたっぷりと入ってしまっている。
それでも今までだったら、たぶんチキンの匂いで避けていたんだろうけど・・・
肉は、きっと消化できないだろうから、体調壊すんじゃないか?と、チョット心配。

そして、もっと心配なのが、FANのエサが無いってこと。
このままじゃ、FANのエサはすべてOPERAに食べられてしまって、FANがまったくエサを食べることができなくなってしまうのだ。

OPERAガードを設置

このままではイカン!
ってことで、OPERAとFANの体の大きさの違いを利用して、OPERAからFANのエサを守るためのガードを設置することにした。

FANは通れるけど、OPERAは通ることができない程度の入り口に改造した。

しかし、第一弾は失敗。
OPERAは、ギュウギュウに体をFANの小屋の中に突っ込んで、エサを貪ってしまうのだ。
そこで、もっと狭くした。

これなら、FANはギリギリ通れても、OPERAの体は入れない。
首を突っ込んでも、エサまでは届かない。
これなら、FANは、小屋の中に入ってから、ゆっくりと食べられる。

自動給餌器の方も、ガードを設置。

軒下に置いている、自動給餌器の方のドックフードも、もしかしたらOPERAに食べられていたのかもしれないと思い、こちらもガードを設置した。

OPERAは、人懐っこいのはいいのだけど、かなり困った存在でもあるのだな。
やっぱり、オスってのは、どんな動物でも厄介な生き物なのだろうか?

-ANIMAL:動物, PROBREM:問題
-,

Copyright© Mark's LIFE , 2020 All Rights Reserved.