バイオリニスト

夕方、Yuujiが撮影予定だったが、
どうも、体調が思わしくないようだったので、
僕が撮影を担当。

母親と一緒に来たのは、26才の女性。
オーディションに提出するための写真を希望していた。
「どんなオーディション」
と、聞くと。

彼女「・・・それが、よく分からないんです」
僕「えっ?じゃあどうして応募したの?」
彼女「とりあえず、応募してみようって事で・・・」
僕「そうかー」

撮影するときは、常にある1点に的を絞って、
狙いを定めて写真を撮るようにしているが、
今回は、どうもそうはいかないようだ。困った。

まあ、それは後で考えるとして、
レッスンをしたあとに、
その人の特徴を見定め、音に乗ったソウルを感じるために、
軽く弾いてもらった。

う、うまい。

僕「リサイタルとかはやってるの?」
彼女「やりたいんですけどねー」
僕「そんなにうまいのにやってないんだ」
彼女「いままで学生だったので」
僕「へー、そうか」

そこで、フォーカスをチェンジすることにした。
僕「今回のオーディションのことは関係なく、Aちゃんの最も良いと思われる写真を撮ることにするよ」

と、いうことでオーディションは無視することにしました。

曲に乗ってくるソウルは、
カワイイ顔に似合わず、しっかりと落ち着いたもので、
本人も重厚感のある激しい曲が好きだとのこと。

そこで、全身は黒バック&ダイナミックに演奏している姿で撮影。
逆にバストアップは、濃いめのグレーバックで正面向きでバイオリンを抱えた
すこし力強さを感じる姿に。

ふ~、初めはどうなることかと思ったけど、
なんとか完成。めでたしめでたし。

-WORK:撮影

© 2020 Mark's LIFE