Mark

いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、すべてのことに感謝しなさい

これは、聖書の一節で、とても有名な言葉である。僕が、この言葉を初めて聞いたのは、中学2年の時。もらったしおりに書いてあった。それを、ずっと、聖書にはさんで、使っていたのを覚えている。 毎日のように見ていたこの言葉なのだが、あの頃は、この言葉の本当に大切な意味は、分かっていなかった。この言葉の大切な部分は、「喜び・祈り・感謝」よりも、「いつも・絶えず・すべて」というところにあることが、最近になってようやくわかりかけてきた。 中学生でも、「喜び・祈り・感謝」が大切なことは容易に理解できる。だから、今まで、この ...

グリフィンの祈り

《原詩:ある無名兵士の詩》 『大きなことを成し遂げるために 力を与えて欲しいと神に求めたのに 謙虚を学ぶようにと 弱さを授かった。  偉大なことができるように健康を求めたのに より良きことをするようにと 病気をたまわった  幸せになろうと富を求めたのに 賢明であるようにと 貧困を授かった  世の人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに 得意にならないようにと 失敗を授かった  人生を楽しもうとして あらゆるものを求めたのに あらゆることを喜べるようにと 命を授かった  求められたものはひとつとして与えられ ...

今度は、十羽だ!

今日は、たまごやさんのところへ行ってきた。以前にも記事に書いた、めちゃめちゃうまいたまごやさん、というか、養鶏場だ。前回、訪問した時には、卵を産まなくなった鶏を三羽いただいてきたのだが、今回は、うまい卵の育て方を根掘り葉掘り聞いて、それを、動画にして公開しちゃおうという魂胆で、カメラ持参で行ってきた。 もちろん、隠しカメラとかではなく、真っ向からノウハウや取り組みを聞いて、許可を取った上での撮影と公開である。これは、こうした安全でおいしいたまごの生産の仕方というか、まともな鶏の飼い方を広めたいという思いか ...

昔から気になっていた白鳥哲さんの映画、3日間限定無料公開中

多くの人は、ご存知ないであろう【白鳥 哲】さん。映画監督である。このかた、ある分野では超有名人なのだ。 ある分野?と書いて、なんの分野?と、自分に問いかけてみたが、一体、なんの分野だろう? 僕が、白鳥哲さんを知ったのは、山に来てからだっただろうか?確か、米のとぎ汁で乳酸菌類を培養して、それを肥料にするとか、風呂に入れるとか、消臭剤がわりにするとかいう、ある意味マニアックなものをせっせとこしらえていた頃に、同じような菌を大量に培養して、大地にばら撒いて、放射線濃度を下げることが出来るー!という映画を作ってい ...

花火が上がる

夜、19:30過ぎ。何か、ドンドン、ドンドン、と音が聞こえる。何かを叩く音なのか?何かがぶつかる?弾ける?なんなのだろう?そう思い、外に出てみると、花火が上がっていた。 しばらく前から、ゴルフ練習場の明かりを見ないようにするためにカーテンを取り付けてあるため、夜に外の様子がわからない。そのため、花火の光が見えていなかった。 ここに来て、もう直ぐ4年になるが、この山から、こんな風に花火を眺めるのは初めてだ。さすがに、花火の光に比べれば、ゴルフ練習場の光など些細なものだ。 人類は、夜の闇の中でも、光を灯し、そ ...

Jeepラングラーを試乗した

砥部町と松山市を繋ぐ、国道33号線。ちょうど中間あたりに、高速に乗るインターチェンジがある。その前後には、たくさんの車屋さんがひしめいている。 33号線を、いつも展示されている車たちを眺めながら通り過ぎるのだが、あるときから、Jeepラングラーが目につくようになった。 愛媛の山に来てもうすぐ4年が経とうとしている。早いものだ。しかし、車は、いまだにカレヤン(Porsche911)とJくん(軽バン)で、軽トラのトラさんもあるがナンバーがないので、山からは出られない。山に来たときから、乗用の四駆が欲しいとは思 ...

屋外ダイニングに蚊帳張った

僕が住む小屋の横に、みんなでご飯が食べられるように、屋根を作って、キッチンも作って、テーブルも作って、屋外ダイニングが完成していたが、冬が終わり、春が来て、少しずつ虫が登場し始めた。 作業をしているときには、網帽子を被っているのでいいのだが、食事をするとなると網帽子は被っていられない。そこで、屋外ダイニング全体に蚊帳を張った。 蚊帳の素材は、農業用の防虫ネットである。この防虫ネット、なかなか優秀で、糸は太めだし、のっぺりとしたラインでなく、銀色の糸が一定間隔で入れられていて、農業用ってことを知らなければ、 ...

ワサビ、順調に成育中

半年ほど前に、沢の脇に植えておいたワサビの根から葉っぱが育ち、順調に成長している。 植える際、場所の準備をしている段階で、ヤギのOPERAに隙を突かれ、ワサビの入った袋ごと、咥え去られ、およそ半分がOPERAの胃袋に消えて行った。残った12本を、沢に植えたが、その後すぐに、大雨に見舞われ、さらに何本かが流されてしまった。その後、追加して、現在、約18本が順調に育っている。 ワサビというのは、他のハーブ類同様、そんなに使うものではない。買ったとしても、必ず余る。 そのため、昔から、『ハーブは家で育てる』とい ...

ヤギ誕生六日目

二日の午前中に生まれた三匹の子ヤギは、順調に育っている。すでに、親ヤギにくっついて、そこら辺にフラフラと出かけ、ぴょんぴょんと飛び回る。元気いっぱいである。 朝から晩まで眺めていても、ちっとも飽きない。親バカならぬ、じじバカっぽくなっているが、いろいろと問題もある。 まずは、子ヤギのためにと思い、親ヤギのフーちゃんを、ロープに繋がないでフリーにしている。子ヤギがいるため、走って逃げることもないし、それほど、遠くに行くこともないので安心していたのだが、小屋の近くにある建物の中に侵入し、その中においてあったと ...

ヤギのフーちゃん、子供産む。しかも三匹

ヤギのフーちゃんが、出産した。オスヤギのOPERA(オペラ)と合体してから、149日目である。 ここ最近、フーちゃんの食欲が半端なかったので、しばらくの間、900m離れた炭焼き小屋周辺で草を食べさせていたのだが、一昨日は、いつもと様子が違って、帰りたそうに、メーメー鳴いていた。「きっと、もう生まれそうだって事だな」と悟り、早めの時間で切り上げて帰ろうかと思っていたら、いつもなら車に乗り込むフーちゃんが、とぼとぼと歩いて山道を登っていく。どうやら、自分の足で歩いて帰るようだ。OPERAも一緒にゆっくりと家に ...

うまいタマゴとニワトリ

20年間の東京生活で、こだわっていたものの一つが、うまいタマゴである。売っている卵の中で、なんとか、うまい卵を見つけて買っていた。大概、それなりの卵は、6個300円で、中には、6個500円というものもあった。それらは、それなりにおいしい卵だった。 愛媛に来た時、うまい卵を探した。東京という所は、全国から、うまいものが集結する場所なので、各地の様々なものが並んでいたが、愛媛では、地元のものにこだわりたかった。東京にいて、新鮮なものを求めるのは、お門違いだが、愛媛にいて、愛媛産のものなら、鮮度にこだわってもい ...

人生相談いただきました!

1年ほど前に【近頃、人生の法則動画をUPしている】というブログ記事と、Youtubeに動画をたくさんUPした。ポツンと一軒家を見て、チャンネル登録していただいた方々には、とっても不評だったようで、チャンネル登録者数が数百人減った。 それでも、僕の人生法則を参考にしていただいている方々もいらっしゃって、今回、初の人生相談コメントをいただいた。 フォトスタジオで撮影をしていた時は、毎日が人生相談のようなものだった。特に、お見合い写真と宣材写真を撮りにくる人たちの相談は多く、僕も、そうした人生相談に答えるのが、 ...

ヤギのみちくさ除草隊(犬もいるよ)動画公開

しばらく前からやっているヤギの道草除草。ちょいと動画や写真を撮ってみたので、それをYoutubeに公開してみた。

焼き杉、やったゾ!

この辺りの古い家の壁は、焼き杉で覆われている家が多い。焼き杉とは『杉の板を焼いた物』である。名前のまんまだけど。 古い家の場合は、本当に焼いてあるのだが、現在売られている『焼き杉』は、実際には焼いてはいない。表面をバーナーで、炙ってあるだけだ。 なので、建築材料も、世のご多分に漏れず【○○風(ふう)】になってしまっている。要するに、焼き杉風なのである。 本来であれば【風】物には、ちゃんと、○○風と書いてもらいたいものだが、ほとんどの商品には書いてはいない。加工食品に関しては、ほぼすべてと言っていいほど、○ ...

FAN(犬)40時間のデート

FANがうちに来て、約1年半になる。近頃、ようやく、僕になついてきた。リードに繋がれているのにも慣れてきて、繋がないで放しても、以前のように、そそくさとどこかへ行ってしまうこともなく、呼べば素直に来るし、リードに繋がれるのを嫌がりもしなくなった。 そんな時、彼氏(犬のアグリ)が来たので、一緒に放してみた。しばらくジャレあっていたかと思ったら、いつものごとく二匹でどこかへ行ってしまった。秘密の場所でもあるのだろうか? 大概、しばらく帰ってこないが、今回は、夜8時になって、ようやく戻ってきた。それも、アグリも ...

ソメイヨシノ、すでに満開

早い!早いよ。すでに、ソメイヨシノが満開になってしまった。 ちょうど、卒業式の時期だと言うのに、すでに、入学式の桜の開花度合い。これでは、入学式あたりには、桜は散って、葉桜になってしまう。今年の新入生たちは、桜なき入学式となるのだろうか?桜の前で、写真を撮っても、葉っぱだけって寂しすぎる。 とは言え、3月だろうが、4月だろうが、僕自身は気にしてはいないし、きっと、桜自身も気にしてはいないだろう。逆に、春の強い風が4月に吹くとしたら、桜の花を楽しめる日数が長くなったのかもしれない。 毎年、4月の頭に開花して ...

ログガレージのベランダ?縁側?出来た

着実に一歩ずつ完成への道を進んでいるログガレージ。今日は、ロフトの前に突き出たベランダのような、縁側のような部分が完成した。 屋根でゴロゴロするのもいいけど、屋根というのは、斜めっているわけで、居心地として、良いような、イマイチなようなところがある。屋根が一番広くて、上を見上げれば全開に青い空が見渡せて最高なのはもちろんだ。ただ、屋根の上でご飯を食べたり、お茶をするのには適さない。 そんな時、ベランダとか縁側とかは最高に気持ちがいい。ベランダと言っても、柵に囲われたようなベランダじゃ味気ないし、ガラス張り ...

爺さんの匂い

KURE 5-56 に代表される、スプレー式の潤滑オイル。先日、シューシューと吹きかけているときに、フッと爺さんのことを思い出した。 「そう言えば、爺さん、いつもこの匂いがした」 あの匂いは、潤滑油の匂いだったのだ。爺さんは、国鉄の整備士だったと聞いていた。いつも機械と油に囲まれて生きてきたんだと、今更ながら実感。 爺さんが亡くなった後、ガレージの中の工具類をもらってきたのだが「こんなたくさん、何に使ってたんだ?」と思えるほど、いろんなものが大量にあった。考えてみれば、爺さんは、ずっと「機械大好き」だった ...

スモモの花が満開に、桜の花も咲き始めた

春の訪れは、花が咲くことで強く感じることができる。僕が住む小屋の目の前にあるスモモの木には、真っ白な花が咲き誇り、満開になっている。そして、もう一つ目の前にあるのが、ソメイヨシノ。こちらも、咲き始め、現在三分咲きと言うところだ。 春が来た 最低気温は、5度を下回ることは稀となり、日中は20度に達しそうな勢いである。あんなに頑張った、水道管の凍結対策も、今となっては、過去の遺物のような気がしてしまう。 そう言えば、都市部は、まだ緊急事態宣言中だったっけ?みんな、そんなこと忘れてるんじゃないか?と思うが、どう ...

今週も瀬戸内の旅:大三島

瀬戸内海は、島だらけである。その昔、一続きだったであろう本州と四国が、ブチっと千切れたことによって、クッキーのカスのように、たくさんの島々が出来上がったと想像がつく。そのおかげで、瀬戸内海というところは、とても美しい景色を手に入れた。 僕は、静岡県の浜松市に育った。浜松市は、太平洋に面し、日本でも有数の砂丘、中田島砂丘がある。20代の頃は、中田島砂丘をパジェロで疾走したり、砂丘から太平洋を眺めたりしていた。 しかし、大きな砂丘も、広い太平洋も、砂と塩水が広がっているだけで、どこを見ても代わり映えのしない景 ...

フキノトウ終わる

春一番の山菜といえば、フキノトウだ。今年は、もう三回も天ぷらで頂いた。ブログにも、Youtubeにも、今年は登場させなかったので、食べてないと思われていたかもしれない。 この約一年ほどの間、週末には、山友たちが、いろいろと作業を手伝ってくれていて、さらに、ランチも用意してくれたりする。なので、フキノトウの天ぷらなども、週末ランチにいただくため、動画を撮らずじまいなのである。 以前の動画やブログでも言っているが、フキノトウが苦いというのは、時間が経ってしまうからで、採りたてのフキノトウは、まったく苦くない。 ...

とうとう、屋根が完成した

屋根できた。ここまで長かった。というか、放置してただけだけど・・・ それでも、2年間、ずっと、頭の片隅というよりも、毎日、目にしていて「やらなきゃ」という義務感が、僕自身に重荷のようにのしかかっていた。去年の12月、ようやく重い腰を上げ、床のコンクリートを施工し、梁をかけ、束を立て、垂木の乗せ、屋根を貼って出来上がった。 屋根部分の施工にかかった期間は、ほんの2ヶ月だ。やり始めてしまえば、この程度なんだよね。振り返ってみると、2019年1月終わり頃からログを積み始め、4月頭にはほとんど終わっていたので、ロ ...

ヤギのみちくさ除草

昨日、ヤギのみちくさ除草をしてみた。うちの敷地内に、食べるものがなくなったわけではないのだが、草よりも木が多く、ロープが木に絡みついてしまうのと、平地に草が少なくなっていることで、斜面に連れて行かなければならなくなっていた。なかなか、ヤギに餌を食べさせるのも重労働なのだ。 道路脇にたっぷりと草があり、それを食べさせたらいいということは、以前からわかっていたことなのだが、道路にヤギを放置していくわけにはいかないだろうと思い、みちくさ除草は避けてきた。しかし、山に連れていくのが億劫になってきたのと、メスヤギの ...

弓削島と弓削神社

愛媛に来た時、近所に自己紹介をして周っていると、内子町というところに「弓削神社」というのがあるという話を聞いた。地図を見ると、30kmほど南に行ったところに、弓削神社があったので、行ってみた。 今回は、伝統工法で建築されている野々草設計事務所さん主催の、住宅完成見学会で今治へ行ったついでに、北に足を伸ばして、弓削島へ降り立ったのだ。とはいえ、そこに何があるわけでもないが、まず、行ってみたのは、ここにもある弓削神社。 弓削島にある弓削神社なのだから、3年前に行った内子町の弓削神社よりも、こちらが本社になると ...

ビワの実が小さく育ち、スモモに蕾がついてきた

いよいよ春の訪れが近づいてきた。日中は、暖かくなり、植物たちも少しずつ顔を出す。 うちのビワの木には、花が散った後、冬を越し、実が少しずつ育ってきた。今の今まで、このビワの実を食べたことは一度もない。すべてハクビシンに平らげられてしまっていたためだ。 今年は、電柵を張り巡らし、周囲の木からも飛び移ることができないように、余分な木は伐採し、伐採しなかったソメイヨシノの周りにも電柵を張った。数センチまで実が成長する頃に、ハクビシンが現れると思うが、どう出てくるか? 新たなルートを探して、木に登ってきてしまえば ...

ヤギのFuu(フー)ちゃん、ワイヤーを噛み切る

6mmのワイヤーで、ヤギを繋いでいるのだが、ある時、そのワイヤーがボロボロになっていた。繋いでいたロープが絡まり、動けなくなったようで、ロープの方ではなく、首元に近いワイヤーをガジガジと噛み切ろうとしていたのようなのである。ボロボロにはなっていたが、切れてはいなかったので、そのまま使っていたのだが、それからしばらくした朝に、ヤギ小屋へ行くと、ボロボロになっていたワイヤーが切断されていた。 ワイヤーの太さは6mm、この太さを噛み切るというのは尋常ではない。犬でさえ、6mmのワイヤーを噛み切れるとは思わないの ...

ログガレージ の屋根やってるぞ

なんとか、ログガレージ の建築を進めることができている。今は、屋根施工の真っ最中。 少し前に、垂木を乗せ始めたという内容の記事を書いたが、今日の時点では、防水シートを貼り終えて、今夜からの雨に備えることができた。これで、ログ材が雨に打たれて劣化していくのを防げるようになった。今までの、ほったらかし状態から脱し、ひとまず安心できる状態になった。 とはいえ、ここで、一息つかず、一気に進めたい。次は、屋根材のアスファルトシングルを貼り付けていく作業なのだが、こちらも、出来ることなら、晴れが続く日に一気にやってし ...

チェーンソーに新兵器装備

先日、AC100Vで稼働する小さくて軽いチェーンを買ったが、結局、一瞬にしてお蔵入りとなった。使用するユーザーの対象は、ちょっとした庭を持っていて、そこに生えている木々を切ったりする程度の人たちが、たまーに使用するというような代物で、まったく、使い物にならなかった。 具体的に何が悪いのかというと、まず、チェーンの種類がイカン。90PXという種類のチェーンなのだが、こいつは、刃と刃の間の間隔が広い。なので、スィーっと切れていかない。それでいて、パワーがないので、引っかかってしまう。ホームセンターで売られてい ...

ログガレージやってるぞ

去年の年末から、なんとかログガレージを進めることができている。二年間の硬直状態から、脱したと言っていい。 ポツンと一軒家の取材と、ゴルフ練習場の投光器がLED化され眩しさを増した時期が、2019年の4月という同時期だったことで、僕のLIFE CYCLEは、それまでの軌道から大きく逸れ、スムーズにルーティンをこなすことが出来なくなってしまっていた。 そうしてズレたことで、山暮らしに物足りなさを感じ、ヤギを飼い始め、犬も飼い始め、なんとか動物たちで気を紛らわせていたのだ。動物と畑に時間を使うことで、生きている ...

雪の日フォトギャラリー

今年は、これで雪が積もるのは最後だろう。積雪は10cm、2年前は、15cmと20cmだった。20cmくらい積もってくれると遊びがいがあるのだが。

© 2021 Mark's LIFE