Markの記事

明日、26日(日)薪割りやってます!

天気予報では、雨だったけど、どうやら一日中【曇り】みたいなので、薪割りをやることにした。 来てくれる人たちが、未経験やライトな薪割りが良いってときは、伐採して倒してあるヒノキを、チェーンソーで40cmごとに切断して、エンジン薪割り機や斧で割って、それを、薪棚を作って積んでいく。 ヒノキや杉などの針葉樹は、木の密度が低く、薪ストーブに入れると、バーっと燃えて終わっちゃうので、薪ストーブを使っている人たちには、人気がない。ただ、うちは、2年前にヒノキを大量伐採したものの、丸太を回収して、皮をむいて、乾かすとい ...

OPERA Happy Birthday 1歳

OPERA(ヤギ)が1歳になりました! おめでとう!OPERAよく、うちで生き延びてきた。 OPERAがここにきたのは、生後ちょうど3ヶ月の4月24日なので、ここに来て8ヶ月祝いということにもなる。 せっかくの誕生日なので、OPERAになにかバースデイプレゼントをあげなければいけないな。「オペラー、何が欲しい?」「メェ〜、メェ〜、大麦が欲しいメェ〜」「やっぱり、食いもんか!」 ってことで、今日は、朝から大麦大盛りであげた。「うんうん、うまいか、そうかそうか」 1歳ということは、これで、大人ってことになる。 ...

予想以上に旨かった!

鹿肉のワイン煮ランチ無事終了 実際に作ったのは、初めてだったので、美味しくできるかどうか?と、思ったが、これまた、僕の料理のセンスがいいからなのか、バツグンの美味しさで仕上がった。 いつものごとく、ネットでレシピを探して参考にしたのだが、これまたいつものごとく、ネットに掲載されているレシピで、美味いものには仕上がらないということを確信した。 大概、掲載されているレシピの大半が、調味料を入れすぎている。今回のレシピも「ブイヨンを入れる」と書いてあった。しかし、野菜も入れているのだから、ブイヨンなど入れる必要 ...

鹿肉の赤ワイン煮 食べに来て

鹿のもも肉を一本もらったので、赤ワイン煮を作ることにした。いつもの猪肉と同様、鍋からあふれるほどに出来てしまう。今までは、何個ものタッパーに入れて冷凍し、さらに、何日もかけて食べ続けるということをしていたのだが、そんなスタイルをこれからはちょっと変えることにした。どうするのかというと 鹿肉の赤ワイン煮食べに来て! と呼びかけてみる。朝から煮込んで、夜には食べられるけど、一晩寝かせた明日のランチにどうだろう?火曜日の昼間に暇な人も少ないとは思うけど、 明日、1月21日(火)11:30 〜鹿肉の赤ワイン煮と鹿 ...

みんなで薪割り。初回!

来てくれて、本当にありがとう! この山に来て、なんでも一人でやるぞ!という気合いとともに色々と始め、ここまでやってきたのだが、昨年の春ごろから一気に一人でやるのに気合いが入らなくなり、半年以上ダラダラと過ごしてきた。 で、ヤギを飼ってみたり、犬を飼ってみたりして一人の寂しさを紛らわそうと思ったが、ヤギや犬では限界があった。 やはり、人が必要だったのだ そこで意を決して、助っ人やお手伝いをしてくれる人を募集しようと決めた。しかし、単に助っ人・お手伝いお願いします!と言っても、来る人たちにメリットがなければ来 ...

TOKYO36時間

いつもは、3、4日は滞在するのだが、今回は、36時間の滞在で戻ってきた。今回のメインは、仕事だが、それ以外にも充実した時間を過ごした。 仕事を終え、ALIA TOKYOの責任者をしてくれているShogoくんと、旨いらしい親子丼を食べて、その後、いつもの歯医者へ。今回で、とうとう、下の歯から銀色の金属が消える。昔は。当たり前だった銀歯だが、今では、笑ったりした時に見える銀色は、どうもイケてないし、もう治療したのが25年前だったので、やり直しているのだ。 さて、今回の36時間で、行っておきたい場所の一つが、武 ...

お金に関する行動心理...だそうだ

おもしろい実験を知ったので、書いてみた。 A. 無条件で100万円もらえる か B. コインを投げて表が出たら200万円もらえる さて、どちらを選んだだろうか? これ、多くの人が【A】を選ぶんだそうだ。それを聞いた時、僕は「へ〜、不思議」って思った。僕は、もちろん【B】なのだ。 【A】を選ぶ人の心理は、僕にはわからないけど、僕としては、 最初から無いわけだから、ゼロでもいいから賭けを楽しみたいじゃん! と、思って【B】を選んだわけだ。だけど、多くの人たちは 「確実に受け取る」 という選択をするようなのだ。 ...

アリアコーポレーション設立20周年

今日は、僕が現在の会社『アリアコーポレーション株式会社』を設立して、ちょうど20周年記念日なのだ。かと言って、今までの20年間同様に、イベントごとは何もしていない。 仲のいい会計士さんの事務所も、今年20周年で、六本木ヒルズで20周年パーティーを催すのだが、そうした華やかさとは正反対で、もしかして、20周年記念日であることを知っているのは、僕一人で、この記事を読んでくれた人たちが二人目以降かもしれないというほど、実は、地味にしている。そう、会社のスタッフたちも、もしかしたら誰も知らないかもしれない。 人間 ...

一緒に薪割りやろう。半分どうぞ。体験だけでもOK

木が密集し過ぎてて・・・ 今までは、風呂焚きだけだったので、薪作りに対してあまり本腰を入れていなかったのだが、薪ストーブを使うようになったら、薪の消費量が約3倍に増加!これは、本格的に薪作りに着手しなきゃならないってことで、なんとかやっているのだが・・・ 山を見渡すと、木・木・木、木だらけ。それも、密集し過ぎていて、それぞれの木が大きく育つことができないでいる。これは、杉やヒノキの植林された人工林はもちろん、自然に生えてきた広葉樹たちも同様で、細い木々が上にばかりヒョロヒョロと伸びている。 木はいくらでも ...

宅急便を受け取りに行っている間に、OPERAとFAN居なくなる

僕の家に来るのには、約2kmの山道を登って来る必要がある。この道、そんなにメチャメチャ狭いとかってわけじゃないのだけど、宅配のトラックというのは、横幅が問題というよりも、背が高いのが問題だ。2トン車で、3m〜3.5mある。高さがあると、木の枝なんかに荷室がバシバシ当たってしまう。トラックなんだから、ちょっとした傷などは良いのだろうけど “ちょっとした” どころでは済まず、ガリッガリになってしまうのだ。 一度、役場に枝を切ってもらったが、狭い道の場合は、3mを基準に切るそうで、高さが3.5mあるトラックでは ...

薪ストーブ、暖かい・・・いや、暑い!

今年の冬から薪ストーブを導入している。そのために、今までの風呂焚きに使う薪の量に比べ、およそ3倍になったのだが、その分、灯油は買わないし、ホットカーペットの電気代もかなり減った。とはいえ、灯油のコストは1万円いかないし、電気代も1万円いかない程度で、結局、世の中、ほとんどのものは、 買ったほうが安い のであるが、こういうものは、単にお金を出して買って終わりではなく、 経験:experience という、プライスレスなものこそが重要な要素である!と、セコセコした僕は言いたいのであるが、実際には、木を切るチェ ...

薪として“細い木”と“太い枝”って役立たず?

山に来て2年半、五右衛門風呂を薪で焚くために、日々、薪というものに関わっているにも関わらず、今頃気がついたことがある。それは、 細い木と太い枝って薪にするには役立たず? ってこと。今までの人生、木が大量にあるという経験がないので、木の全部、葉っぱ・枝・幹などを、余すところなく使おうという頭があり、まずは、杉の葉を燃やし、細い枝をいれ、太めの枝を入れ、割った薪を入れて、割れないような細い木も使っていた。 しかし、前々から地元の人々と話をすると「木はいくらでもあるのだから・・・」と言われることがあった。要する ...

強風でタープがビリッビリに

一昨日は、風が凄かった。今まで、強風の時っていうのは、大概が夜で、家の中にいて「あ〜、風が強いなぁ」と思っているだけで、風の強さというものを、ハッキリと目で見ることはなかった。しかし、一昨日は、真昼間にゴーゴーと音を立てて、強風が吹き荒れている。そして、その風に煽られて、周りの木々が折れそうなほどに揺れているのを目にすると、正直言って「怖っ!まじで折れるんじゃないだろうか?」と思った。 夏に小屋の西側に日よけのためにタープを張った。夏が過ぎて、西日が弱くなったので、タープを外しても良かったのだが、雨よけに ...

除夜の鐘で目が覚めた

1月1日午前0時 昔は、夜中から初詣に出かけたり、朝まで起きていたりしたが、いつの頃からか、そんなことはせずに、いつも通り寝るようになっていた。 今夜も、9時過ぎにはベッドに入りすでに夢の中。今年は、初めて年越しを山で迎えている。 寝ていると、何かの音で目覚めた。 「んっ?なんの音なんだろう?」 数秒に一回鳴る電子音のような音。「一酸化炭素警報器の音だろうか?少し濃度が濃くなってきてるよーとかか?」そう思いながら起きだしてみる。しかし、警報器からの音ではなかった。 よく耳を澄ましてみると、外から聞こえてい ...

FAN(犬)ご飯作り

今回のメニューは、 しし肉と根菜のポトフ と、カッコつけてはみているが、いつも通りしし肉とその時にあった野菜を煮込んでいるだけなんだけどね。昨日、ちょうど、部落のおっちゃんが野菜を持ってきてくれた。 この時期といえば、メインは大根、そして人参、ネギ、そのほかに春菊、水菜。いつももらう中には、白菜がないので、白菜は作っていないのかな? で、FANのエサには、本当にもったいないくらいの料理を作る。BOSSのところから、少し古めの冷凍しし肉をもらってきて、今回は、3kgくらい使う。 まずは、いつも通り一斗缶で火 ...

Happy Birthday 俺!47歳

えー、47歳になった。ここまでくると、もう、誕生日とかどうでもいいし、年齢が1つ増えても、あんまり代わり映えはないので、何がどうってことはないのだが、まあ、とりあえず、47年目の今日生まれたってことで感慨深いものだとも思うことにする。 誕生日っていうのは、30歳くらいまでは “自分が誕生した日” ってことを強く思うのだけど、40歳を過ぎた頃から自分が誕生したというよりも、自分を産んだ母親のことを祝ってやりたい気持ちにもなる。 47年前、よくがんばったなぁ・・・と。 うちの母親は、現在67歳。引き算するとわ ...

やっちまった!久々の渇水

水の出が・・・ 一昨日、夜、風呂に入っていて、水を出していると、徐々に水の出が細くなっていった。その時は、温水器を経由して出していたので、単に「温水器のなんかの機能?」くらい呑気に考えていたのだが、その後、キッチンで水を出すと・・・ 細い! その瞬間に「やっちまったぁ!」と気が付いた。何が起こったかというと、5、6トンは溜まる貯水槽を空にしてしまったって事なのだ。 貯水槽には、常時、沢の水から供給されるようになっているのだが、雨が降ったりして沢が濁ると、給水ホースの先に付けた網が塞がれ、水の供給が止まるよ ...

今年も作った、はちみつレモン

去年も書いたが、今まで東京に住んでいて『国産レモン』というものに巡り合ったことは、ほとんどなかった。たまに、都心のスーパーの特別な売り場に置いてあったり、レストランで出てきたりするくらいで、とってもレアなものだと思っていた。 しかし、愛媛に来てビックリ!国産レモンが当たり前で、外国産のレモンなど見る影もない。周辺の方々は、自分のところでみかんを栽培していて、その畑の片隅で自家消費用にレモンも栽培しているので、家庭で使う程度のレモンの量をはるかに超える収穫ができてしまうようである。 ってことで、今年ももらっ ...

原木しいたけ栽培始めるゾ(3)

第一弾、仮伏せ完了 原木しいたけ栽培の手順としては、11月にクヌギを伐採、約1ヶ月後に原木にする長さにカットして、穴を開けて、しいたけの菌を打ち込む。そして、原木は『ホダ木』という名称に代わり、このホダ木に水分をたっぷりと与えて、木全体にしいたけ菌が繁殖するために行うのが『仮伏せ』というものだ。 通常は、枕木を置いて、その上に積み重ねていくのだが、僕の場合は、ちょうど石垣があるので、そこに立てかけることにした。 その上に、竹のよしずを被せて、周りを枝葉で囲んで出来上がり。 これで、あとは春までほったらかし ...

FAN(犬)なんと!鳥を捕まえる

今日は、昼前からパラパラと雨が降り出した。僕とOPERA(ヤギ)とFAN(犬)の三人は、作業場の屋根の下で眼下の街を眺めながらのんびりしていた。すると、突然、FANが起き上がり駆け出した。 FANが道の下にたどり着くとき、一匹の鳥が飛び立った。「鳥に反応したのか」そう思っただけだったのだが、その後、FANはどこかへ行ってしまったので、気になってフラフラと歩いて移動してみると・・・いた。 なんと、FANが鳥を咥えている 「んっ?鳥は、さっき飛び立ったはず。死んでいたのか?捕まえたのか?」死んでいたのならすで ...

今日は、冬至である

一年で、最も日が短い。とはいえ、この山にいると、冬は常に日が短いので、特に実感はしないのだが、それでも、これから、日が長くなってると思うとちょっと嬉しい気持ちになる。今日は、朝から曇っていて、昼前から雨が降っているので、余計に冬至であることを意識できない。 冬至というと、なんかよく知らないけど、ググってみたら、かぼちゃを食べて、ゆず湯に入るとのこと。 「ふ〜ん」 僕は、元来、こう言ったイベントものには興味を示さないので、どうでもいいのだが、昨日から飲んでいる飲み物は、はちみつゆず湯で、昼に食べたのはかぼち ...

原木しいたけ栽培始めるゾ(2)

11月に倒したクヌギを、カットして、穴を開けて、菌を埋め込んで、仮伏せというやつをやった。 まあまあ、手間がかかるが、初めてやることは、なんでも楽しい。しいたけの菌は、森林組合で売っているいうのを聞いたが、ネットで原木しいたけ栽培について調べていたら、細かい説明付きで売っていたので、そのままポチッとして買ってしまった。 まっ、いっか こういうのは、地元で買っておかば、何かと便利かもしれないと思ったのだが、ついついネットでポチってしまった。これは、悪い癖かもしれない。 しかし、原木栽培をするにあたっての細か ...

薪棚作ったゾ

助っ人『フクロウおじさん』 このところ、雨だったり、曇りだったり、晴れの日が少ない日がちょこちょこ続いている。そんな日々の中、昨日は、晴れ。しかし、どうにもエンジンのかかりが悪い僕は、朝、散歩に行ったきりで、だらだらと過ごしていた。 午前10:30に差しかかろうとしていた時、電話が鳴った。「やっとるかい?」フクロウおじさんからだ。「やってない」と僕。「今日、枯れ松、切りに行くわ」ということで、重い腰を上げ、作業服に着替えた。 何時に来るとは言っていなかったのだが、フクロウおじさんが来たのは、11時頃。 早 ...

料理教室でケーキ作ったぞ

実は、9月から料理教室に通っている。料理教室といっても、都会にあるようなホニャララスタジオのようなところではなく、公民館なんかでやっているようなカルチャースクールみたいな感じのもの。 今日は、クリスマスケーキを作った。作ったと言っても、スポンジは先生が焼いてきたので、生クリームを作って、塗って、飾り付けをしただけだけど。 料理教室へ通ってくる方々のほとんどは、それなりの年齢の女性ばかりなので、料理など手慣れているように思えるのだが、意外とそうでもなさそうな感じ。今日のケーキに関しても、まず、スポンジを半分 ...

朝の松山空港

なんか、よかったんで。

FANご飯作りと焼きりんご

FAN(犬)が来てから、犬のご飯を作ることと、朝散歩へ行くことが習慣化した。両方とも面倒なことなので、どうにか止めようと思いつつも続いている。 今日も、せっせとFANのご飯を作る。と言っても、いつも、ほとんどメニューは同じで、単に猪肉を茹でて冷凍するか干し肉にするかというだけなのだ。昨日、部落のおっちゃんから、またまた大量の野菜をもらったので、猪肉と一緒に大根も茹でた。味見をしてみると・・・ う〜ん、イケる そりゃそうなんだけど、犬の餌にはもったいないほどである。それも、ダッチオーブンで、一斗缶で火をガン ...

トウガラシを収穫した

1坪の我が家の畑に成った、トウガラシが赤くなってきたので収穫した。 量からすると、買えば、50円ってところだろうか。そう思うと、まったく収穫できていないのも同然なほど少ない。しかし、このほんの少しで、市場価値50円にしかならないトウガラシは、とても大きなことを教えてくれた。それは “自分が育てた”と言う経験を得ることができたこと である。トウガラシというものだけを見ると、たったの50円の価値しかないが、経験(エクスペリエンス)で考えると、このトウガラシの価値は、まさにプライスレスであると言える。 今までも ...

TOKYO芸術めぐりⅡ

岡本太郎記念館、根津美術館、新国立美術館とめぐり、次に訪れたのは『日本橋高島屋』美術館ではないのだが、デパートというのは、一種の現代美術館と言っても過言ではない要素がある。 そこには、技術を極め、機能性を損なわずにデザインを追求し、そして、価格と見合うように絶妙に調整された品々が並ぶ。もちろん、そんな中には、贅の限りを尽くしたような商品もあれば、コストパフォーマンスを最重要視したような商品もある。 ちょうどこの時は、特設会場のような場所で『器』の展示販売がされていた。さらに、木を削って作られた『像』なども ...

TOKYO芸術めぐり

山に戻ってきました! 今回、水曜日の朝に出て、土曜日までの4日間。かなりの時間を、美術・芸術を見て回ることに費やした。 まず訪れたのは、青山にある『岡本太郎記念館』ここは、元岡本太郎さんのお家。お家といってもデカイ!それも、場所は青山。THEお金持ちって感じだけど、記念館ってなっちゃってると、小さな印象になってしまう。 ここは、岡本太郎さんが実際に使っていたアトリエが、そのまま残されていて、いくつもの作品が、この場所から生み出されたことを直に感じることができる。 そして次は、すぐ近くにある『根津美術館』僕 ...

田舎暮らしの本に出てます

現在発売中の『田舎暮らしの本 1月号』(宝島社)に掲載されてます。コーナー名が「ポツンと田舎暮らし」という似過ぎたネーミングですが・・・

Copyright© Mark's LIFE , 2020 All Rights Reserved.