セルフビルド

SELF BUILD & DIY:セルフビルド

セルフビルド:self build

ログガレージ の屋根やってるぞ

なんとか、ログガレージ の建築を進めることができている。今は、屋根施工の真っ最中。 少し前に、垂木を乗せ始めたという内容の記事を書いたが、今日の時点では、防水シートを貼り終えて、今夜からの雨に備えることができた。これで、ログ材が雨に打たれて劣化していくのを防げるようになった。今までの、ほったらかし状態から脱し、ひとまず安心できる状態になった。 とはいえ、ここで、一息つかず、一気に進めたい。次は、屋根材のアスファルトシングルを貼り付けていく作業なのだが、こちらも、出来ることなら、晴れが続く日に一気にやってし ...

梁を掛け、束を立て始めた

ログガレージの床に生コンを敷いてから、約40日が経過した。通常、30日で生コンは、完全な固さになるとのことだったが、極寒の時期なので、一応40日をみた。とはいえ、およそ2年間も、ほとんど何もしてこなかったので、“40日みた” も何もないけど。 まずは、梁をかける。梁に使うのはヒノキ。一般的に言われている梁に適しているのは松だ。 松山というだけあって、松は豊富にあったようだが、今では、枯れてチョロチョロとしかない。それらの松も、どんどん枯れていってしまう。さらには、松は曲がっているものがほとんどなので、なん ...

薪棚の屋根をガルバに替えた

ガルバとは、ガルバリウム剛板のこと。 今まで、薪棚に被せる屋根は、ブルーシートやタープを使っていたのだが、どうしても、めくれたり、破れたりする。薪棚というのは、屋根だけがあり、横は何も覆わない。当初は、とりあえず、上からビチャビチャと雨がかからなければいいのだろうという思いから、屋根を重視して考えなかった。そのため、ブルーシートを適当に切って被せたり、破れて使えなくなったタープを被せたりしていた。 あれから一年が経った。結果、初期の薪の状態も悪かったが、やはり、シートはめくれることも多く、雨の日は特に風も ...

三つ目の穴

僕の住む、小さな小屋に、三つ目の穴を開けた。それは、 薪ストーブ用の吸気口 である。一つ目は、薪ストーブ用の煙突用に空けた大きな穴。二つ目は、先日やった、換気扇用の排気口。そして、時を置かずして、三つ目の穴を空けた。 一つ目の穴を空けるのには、ずいぶんと躊躇し、時間がかかったが、二つ目、三つ目とやっていくと、構造がわかっているというのと、慣れてしまったということで、躊躇なく、穴をがっぽりと空けてしまうようになった。 家に穴を空けるというのは、勇気がいる。賃貸アパートであれば、画鋲の穴一つでも躊躇するほどだ ...

コンクリートを固めている間に、本宅予定地の整地を始めた

ログガレージの床のコンクリートを年末に打ったので、それが、完全硬化するまでの一ヶ月の間に、本宅予定地の整地を始めることにした。現在は、まったくの手付かずで、木と草がボーボーに生えていて、いつものことながら地形は、さっぱりわからない。 まずは、西側から切り倒したヒノキの頭の部分が転がっているので、そいつらをクボちゃん(ユンボ)で、どかしていく。そして、荒地の中へ入っていく。 次に待ち構えていたのは、枯れ松の倒木。松と言うのは、太くて堅い。しかも、腐りにくいときているので、そこらへんに転がっていると、結構厄介 ...

キッチンの換気扇をPOWER UPしたゾ

キッチンの換気扇といえば、おなじみのレンジフードがドドーン!と上部についていて、空気を吸い込んでいくんだけど、フードから先は、よく知らないというのが一般的だろう。レンジフードの上部には、換気扇、つまりファンがついている。そして、その先は、ダクトというホースが続いていて、屋外に排気されるという仕組みだ。 当初、この小屋に住み始めた時は、住むために作られた場所ではないので、キッチンはあるが、換気扇はついていなかった。実際、コンロは、据付けではなく、ガスも5kgのボンベを置いて使っているところから、建築当初は、 ...

ログガレージの床 動画UP

ログガレージの床、土を掘って、砕石入れて、ワイヤーメッシュ を敷いて、生コン投入までの動画をUPした。いつも通り、しゃべりが多く、実際の作業の場面は少ないのに、動画は長いというアンバランスな編集になってしまっているが、今回は、少し、今までと変えた部分がある。 それは、今まで、一本の動画で一時間ほどあったが、今回は、それを四分割した。と言っても、それが良いのか、どうなのかわからない。僕自身は、続きものがあるのなら、分割されてなく、一本になっていた方が良いと思うのだが、そこら辺は、人それぞれ。 Youtube ...

屋外キッチンの完成

いつものホームセンターに行くと、銘木シリーズというコーナーがある。そこには、木の一枚板がたくさんあり、カウンターなどにちょうど良い板が並んでいる。とはいえ、屋外のキッチンに使うには、なかなかの価格であるため、考慮をしていなかった。 予定では、杉の集成板を買って、全体をステンレスで巻いて使おうと思っていたのだが、ある日、銘木コーナーとは違う場所に、二級品の一枚板が積み上げられていた。大きさは、幅2m、奥行60cm、厚み6cmで、なかなかの大物。 ただし、節が大きく入っていたり、少し反っていたり、年輪の幅が大 ...

終わった。生コン。ログガレージの床

長かった・・・朝9時から、終わったのは、午後3時。6時間ぶっとうしで、作業を続けた。 本来であれば、午前中には終わる予定だったのだが、なぜか、やっぱり、生コンの時は、必ず、とんでもないトラブルに見舞われる。前回は、一人、雨、機械がショートを繰り返し、生コン車が動けなくなって救出、トラさん(軽トラ)のライトが点かず・・・と、トラブルの連続だった。 今回は、前回の教訓を生かし、1.雨ならやらない2.応援を頼む3.朝一番から持ってきてもらうこの3つを守った。 天気は雨ではなかったし、助っ人にも来てもらったし、朝 ...

あられと竹の垂木

一昨日の朝、外に出ると、白いプツプツが地面にたくさん落ちていた。何かと思って近づいてみると「あられ」である。 新潟あたりでは、観測史上最高の降雪になっているようで、暖かいと思っていた11月とは打って変わって、寒い冬が訪れてきているようだ。となると、この冬は、雪が積もるかなぁ? 僕が、この山に来た年の冬、この辺りでは珍しいと言われるほど雪が降り、そして積もった。15cmと20cmが一度ずつ。それから2年間は、積もっていないので、正直なところ残念に思っていたのだ。 先日、氷点下に到達したようで、あまり出番のな ...

【助っ人求む】26日(土)ログガレージの床、コンクリート打設

この年末に、ログガレージの床にコンクリート打設をする。基礎のコンクリートは、僕一人で、生コン屋さんのおっちゃんに助けてもらいながらなんとかやった。しかし、これは、やはり一人ではキツかった。生コン屋さんのおっちゃんに助けてもらわなかったら、もしかしたら、施工を完了できなかったかもしれないほどだ。 さらに、この時は、雨。さらにさらに、生コン車が帰り道で動けなくなり、日が落ちてしまった中、まだ、ガレージの基礎コンクリートの仕上げをしなければならなかったのだが、生コン車を救出しなければならず、結果、満足に施工でき ...

ログガレージの床、砕石転圧とワイヤーメッシュ

今朝、初雪が降った。気温は0度ちょうど。かなり冷えるが、昨年と一昨年は、大して寒くなかった冬だったことを思うと、この寒さが「冬」を思い出させる。三年前の冬は、20cmと15cmの積雪が一回ずつ。やっぱり、冬は雪が降ってくれないと、なんだか物足りない。 20cmほど積もると、朝が楽しい。今までであれば、まったく足跡のない雪の広がりを見ることはなかなか無く、見たときには、誰かの足跡が付いているものだった。しかし、三年前の積雪時に見た朝の光景は、はっきりと覚えているが、真っ白な雪が積もったまま、そのままの状態で ...

ログガレージの床と小屋前に屋根

2年8ヶ月前の2018年4月、ポツンと一軒家の取材が来た頃と、時を同じくして、光害の原因となっている松山市のゴルフ練習場(Dゴルフパーク)の投光器が、LEDに変更され、今までの何倍もの眩しさになった。その頃から、ログガレージの建築スピードが劇的に落ちた。というよりも、ほとんど、やらなくなってしまった。 今まで、ポツンと一軒家の取材が来た事で、自分の中のルーティンに何か変化があったのだと思っていたのだが、もしかすると、ゴルフ練習場の光によって、なんらかの体調の異常が生じたのかもしれない。う〜ん、そうかも、そ ...

ようやく水道工事終わる

ここから30分も車で走ると、建材ばかりを売っているホームセンターがある。水道工事に使う部品も売っているので、急ぎの時は、そこまで走って行って買うのだが、今回、必要とする部品が売っていなかった。 そのため、ネットで注文することにした。「発送まで5営業日」となっていたので、およそ1週間で到着を見込む。今回、使えない状態なのは、外にある蛇口1つだけなので、さほど急がないでいた。 しかし、実際、今まであったものが、急に使えなくなるというのは、なんだかとっても不便に感じる。無ければ無いで、なんとも思わないのだろうが ...

デブのオペラくん

以前『ヤギのオペラくん』と言う歌を作って、Youtubeで公開した。この歌で、紅白狙ってみたんだけどなぁ。いまだにオファーはない。 ↑この頃(2019.07)は、めっちゃスリム 最近は、ヤギはヤギでも、オペラくんは『デブのオペラくん』になっている。この一つの原因は、繋いだことで自由に動き回れずに、運動不足になっていることがある。まあ、もう、これは仕方がないことで、運命だと諦めてもらうしかない。 もう一つは、寒くなってきたことで、脂肪がたんまりとついてきたと言うこと。昨年は、まだ、小ヤギだったこともあり、そ ...

ログガレージセルフビルド 最終8段 1本目 やった

久々のログガレージセルフビルド動画。なんとか、1本やった。 今日も、2本目に取り掛かったぞ。 すっごい久々にやっていたので、手順を忘れてしまっていた。そのため、縦引きはグニャグニャに曲がっちゃうし、Vカットは忘れるし、動画撮っている途中で、マイクのバッテリー切れちゃうし、いろんなことがあったけど、やっとこさっとこなんとか、ログガレージの作業をやって、無事に動画もUP出来た。 早速、コメントに「疲れている」というのをたくさんいただいたが、まあ、確かに、そうかもしれない。久々だってこともあるし、いっぱい失敗し ...

作業場に、北風対策のポリカ貼った

2018年、ログガレージと同時に建設を始めた作業場。作業場は、掘立構造で、切ってきた丸太を土に埋めて柱にし、その上に、梁となる丸太を乗せて、全体の半分に壁をつけて、屋根を乗せただけの簡単な作りで、あっという間に完成した。 屋根があれば、雨は防げると思っていたので、壁は半分だけにしていたが、風がふくと雨と共に吹き込んでくるし、中のものは飛んで行っちゃうしで、やっぱり壁はある程度欲しいってことで、北面だけを開けて、東西に扉をつけた。 これで、風の影響をかなり抑えられたのだが、真冬に問題がやってきた。真冬は、言 ...

2年経って、ようやくガレージ基礎のセパ穴を埋めた

ログガレージの基礎コンクリートの施工を行ったのは、2018年12月。もう2年も前のことだ。12月に基礎をやっていて、翌年4月にはログは全6段中4段まで積み上がっていた。その間、隣の掘立構造の作業場も同時進行していた。この頃は、毎日、コツコツと建設に勤しんでいたのだ。 変化が起きたのが、2018年の4月。風が吹くと桜が散って、桜吹雪が舞っている頃だった。皆さんご存知のポツンと一軒家の取材班がやってきたのである。 ここから、今まで、コツコツと毎日ルーティンで作業していた日々が終わった。テレビの取材がきっかけで ...

18日ぶりの一人、OPERA GARDEN完成、そして3年が過ぎた

昨日までの17日間、助っ人として泊まり込みで来てくれていたムッティさんが帰り、18日ぶりに一人になった。朝6時半から、夜9時、10時まで1日15時間も共に過ごしてきた。 この間、ムッティさんだけではなく、最高三人が泊まり込みの助っ人で来てくれていたし、土、日には日帰りで来てくれた人たちもいる。梅雨の中休み期間の、怒涛の17日間だった。 薪割りから始まり、OPERA GARDEN完成まで 薪割りからスタートした週末、その後は、OPERA GARDEN制作を手伝ってもらった。一人だったら、きっと、今でもやって ...

第2弾 OPERA GARDEN 完成間近

今月15日から始めた、第2弾 OPERA GARDEN(ヤギ広場) が、あと数日で完成する。広さは、およそ120坪。簡単にわかりやすく言うと、20m×20mってくらい。パッと見る感じでは、結構広い。 まずは、ボーボーに生えている草木を伐採していくところから始めた。来年は、この場所を畑用地にする予定なので、木を残さずに、基本、全伐採。全部切ってから「ちょっとくらい夏の木陰用に残しておいてやればよかったかな?」と、思ったが、後の祭りだった。 3日ほどで、全伐採を終え、ちょうど、1週間前から、助っ人が泊まり込み ...

ログガレージセルフビルド最終段 1本目 動画公開

ようやく、ようやく、ログガレージの動画をUPした。最終段 1本目だけだけど。 それでも、動画の長さは44分。「なげーよ」と思われるかもしれないけど、今までのように、ザクザク切らずにダラダラとした動画にしている。 これは、僕自身が、興味のある動画を見ている時、結構、細かいところも見たいという時がある。ポイントだけを抑えて編集してある動画というのは、非常に見やすいのだが、だからと言って、ダラダラと作業をしている動画が見づらいということはなく、それは、それで、見ているこっちもダラダラと見てしまうのだ。そういうわ ...

ログ積み最終段、あと半分

ログガレージをやり始めたのはいつだっただろうか?そう思って過去の写真を見てみると、ちょうど2年前の2018年5月頃から山を削って整地をし始めていたことがわかった。それから、まずは作業小屋を建て、1年後の2019年の春には、ログを5段まで積み終わっていたのだ。今振り返ってみると、かなり早いペースで、どんどん進んでいたことがわかる。 ここで、写真をピックアップして並べてみた。↓こんな感じ。 2018年5月 山を削って整地作業 2018年6月 ログガレージの基礎工事開始 2018年8月 ガレージをやる前に、作業 ...

薪棚作り動画UPした

1月から始めた薪割りイベント。たくさんの人が参加してくれた。しかし、残念だったのは、GWを最終にしようと思って色々と考えていたことが、コロナ騒ぎですべてがなくなり、一人でポツンと山で過ごすことになってしまったことだ。 本来、薪にするべき丸太が転がっていて、そのままになってしまったので、一人で薪棚を作ることにした。どうせなら、今まで、いくつも薪だなを作ってきて、だいぶ作業に慣れたので、動画を撮ってみた。

鶏小屋制作中

名前の決まった二匹の烏骨鶏ROCKとBONBON。今は、昼間は外で過ごすけど、夜になったら家に入って、寒い時はヒーターが点くようになっているが、しばらくしたら、夜も外で過ごすことになる。そのための鶏小屋を制作している。 ニワトリは、イタチだとかに食べられてしまうというのをよく聞く。こやつらは、夜に忍び寄ってくるために、鶏たちは、隙間のない厳重で強固な小屋に入れておかなければならないようなのだ。小屋の周りだけを囲っても、土を掘って下から侵入してくる可能性もあるという。 なので、一般的には、コンクリートブロッ ...

めちゃくちゃ久々に、ログガレージ再開

ポツンと一軒家を見て、Youtubeのチャンネル登録してくれて、ログガレージが出来上がっていくのを楽しみにしてくれていた20,000人を裏切り、早10ヶ月、ログガレージの動画は、ほぼ無しでここまで来た。 それでも、この間に1段は積み、最終段に手を付けていたのだが、丸太の縦引きを失敗してから、まったくやらなくなってしまっていたのだ。 取材陣がここに来てから1年が過ぎ。いよいよ、やらなきゃならないってことで、重い腰を上げて、本日、最終段1本目をやり切った。 実際、やり始めてしまえば、1日2本のペースで積んでい ...

桜咲き、外おにぎりを頬張る

桜が、ガンガン咲き始めた。いよいよ春である。 冬のうちに、ログガレージを完成させる予定だったが、結局、1年間ほとんど何もせずに、春を迎えてしまった。ポツンと一軒家を見て、興味を持って、Youtubeに登録してくれたり、BLOGを読んでくれたりしている皆さんには、本当に、期待外れで申し訳ない1年になってしまった。 ログガレージのことなど、ちっとも出てこなくて、ヤギがどうのとか、犬がどうのとか、歌まで歌って、ようやく動画がたくさん出てきたかと思ったら、なんだか偉そうなことを喋ってばかり。仕舞いには、ガレージじ ...

近頃ようやくログガレージ建築再開

実は、ログガレージの建築 5ヶ月間やってなかった 5ヶ月前といえば、ちょうど、ポツンと一軒家の取材スタッフが来た時。それが、4月8日のこと。この日から、今まで、積んだログは、たったの2本。 それも、1本は、地元の人が、やってみたいので手伝うと言って来た時。もう1本は、ポツンの追加収録でログを積むところの映像を撮るっていうとき。 なので、自分で「おっしゃ、やるぞ!」と思ってやったのは、1本も無いってことなのだ。なんで、そんなことになっていたかというと、僕は、ルーティンワークは苦手なのだが、生活自体は ルーテ ...

「作業場のドデカ扉製作」動画UPしました

10日ぶりの動画UPです。 梅雨入りの頃から始めた、作業場の扉製作。梅雨ってこともあって、作業は、なかなかはかどらず。さらに、いつものことながら、初めてやることは、ノウハウも何もないし、知識も技術もないので「う〜ん」とか「あ〜」とか、ブツブツ呟きながら考えている時間が非常に長く、ちっとも手が動かないなんてこともよくある話で、時間ばっかりかかって、その間、カメラは回しているんだけど、僕が ジーっとしているだけ って映像が延々と続くわけで、そんな映像が、何十時間もあって、これが、なかなか編集が大変。チャカチャ ...

ログガレージ セルフビルド 2段目前半動画を公開

3月前半にやっていた、ログガレージ2段目の動画編集をやってYoutubeにて公開した。 2段目以降って、正直言って、ずっと同じことの繰り返しなので、動画を撮ったはいいが、編集せずにいた。ログを全部積み終わってから、全部まとめて編集してしまえばいいと思ったからだ。 しかし、ポツンと一軒家に出たことで、チャンネル登録者数が2万人に達しようとしているし、動画も何万人もの人たちが見てくれる事を思ったら、ログビルドの経緯としても、参考になる部分があるかもしれないと思い、編集して公開することにした。

作業場のポリカ屋根、実は・・・

ぶっ壊れていた! ちょうど1ヶ月ほど前、ものすごい強風が吹き荒れた日があった。その時、何かがぶつかる音を聞いた。 翌朝、作業場とガレージの方へ登ってみると、なんと、作業場につけたポリカ屋根がぶっ壊れているではないか。原因は、作業場の横につけてある、ビニール扉である。 このビニールが「帆」のように風を受け、鉄パイプとともに舞い上がり、その勢いでポリカ屋根に激突したのだ。 それも、ポリカに当たったのではなく、なんと丸太の桁に激突して、丸太が真っ二つに・・・ マジかよ! いくら細いとはいえ、丸太って真っ二つにな ...

© 2021 Mark's LIFE