TOKYO LUNCH

東京での仕事に終止符を打ったので、東京へ行く用事がかなり減った。
用があるといえば、歯医者くらいなものになってしまった。
歯だけは、多少腕が良ければどこでも良いというわけにはいかない。
なんせ、削り取られたら、一生元には戻せないのだ。
他のことは、愛媛で探して用を済ませるようになったのだが、歯医者だけは、東京に通い続けることにしている。

そんな歯医者にも、用事ができるのは、半年に一度程度。
それでも、行ったところで、検査とクリーニングくらいしかやることがない。
あとは、ホワイトニングである。

ホワイトニングは、歯医者さんとは別のホワイトニング専門医院に通う。
以前は、オフィスホワイトニングとか、ホームホワイトニングと言われる、歯医者さんがやっているホワイトニングを行なっていたのだが、これがまた痛い。
しかし、現在通っているホワイトニングの専門医院では、まったく痛くないのに、ホワイトニング効果は、他のどれよりも高く、さらに、料金的にもまったく高くないという、素晴らしい点が三つ揃っているのである。

ってことで、数ヶ月に一度、奥さんと通っているのであるが、実際、ホワイトニングをして、歯が真っ白くなったところで、山にいる僕にとっては、誰にも気にかけられないことなのではある。
それでも、歯が綺麗なのは、何よりも重要な事の一つなので、せっせと、歯医者に通うのだ。

それはさておき、タイトルのTOKYO LUNCHである。
15年前あたりには、月に一回は、高級フレンチのランチを食べに行っていたし、基本的に、毎日外食ランチだったのだが、現場に行かなくなってめっきり外食ランチが減り、愛媛に来てからは、外食さえしなくなった。

なので、久々に、ちょいと高級っぽいTOKYO LUNCHに、奥さんと行ってきた。
と言っても、1ヶ月前の話。

今回訪れたのは、銀座にある、資生堂ビル内のFARO。
いつも見ている番組「LIFE夢の形」で、出演していた陶芸家さんが、お皿を下ろしている先がFAROだったのを見て、ちょいと行きたくなったのだ。
興味を惹かれたのが、ヴィーガン料理。

ヴィーガンで、美味しさを出す秘訣を味わってみたかったのである。
メニューを見ると、昨年、うちの畑で出てきた、地中海原産のトマト、サンマルツァーノを使ったパスタが書かれていた。
うちのサンマルツァーノの旨味を、シェフの腕で超えてくるのかどうかが楽しみだったのだ。

ってことで、行ってみた。
パスタは、サンマルツァーノが主役で出てくることを期待したが、単にソースになっていただけで、サンマルツァーノ勝負にはならなかったのは残念だったが、ヴィーガン料理にコクを与えるのに使っているものが、ナッツであることがわかっただけでも収穫だった。
まあ、僕は、肉をあまり食べないとはいえ、ヴィーガンでも、ベジタリアンでもないので、コクが欲しけりゃ、動物性食材を使っちゃうのでいいんだけどね。

今回は、もう一軒。
東京で契約してた結婚式場が閉鎖となり、編集処理のために一時的に移転した先は、五反田。
今までの有明とは雲泥の差で、周辺にはお店がひしめき合っている。

その中で、先月、今月と続いて、スタッフたちと行ったのが、TANT TANTというイタリアンレストラン。
三井ガーデンホテルの一階にあり、高級ではないが、それなりにきちんとした、お店である。

先月は、ピッツァを頼んだが、やはり、ガス窯では火力と温度に限界があるようで、どうしても、うちの土窯と比べたら、生地のパリパリ感が劣ってしまう。
それほど、直火の威力というのはすごいんだということを実感した。

ってことで、今月はパスタにした。
外のメニューには、1,400円と書かれているが、そこに、ドリンクとデザートを加えたセットで、1,900円というのが、この店の標準的な価格帯だろう。

10年以上前に、1ヶ月間ニューヨークに滞在したことがある。
その時も、ランチは毎日外食にしていたのだが、ランチ価格の平均は2,000円〜2,500円だった。
そこにチップが加わるので、それ以上になる。
しかし、きっと、それが世界標準なのだろうと思っていたし、今でも、そう思っているし、日本のランチ価格も、知らず知らずのうちに、そうなりつつあることを感じている。

そんな物価高な世界とは裏腹に、山で暮らしている僕は、外食など、ほとんどせず、スーパーで野菜を買うこともほとんどない。
肉も魚も、ほとんど食べないので、スーパーに行っても牛乳だけを買って帰ることもザラだ。

昔から、居酒屋で、大してうまくもないものを食べ、大してうまくもない酒を飲んで、一人頭三千円も支払うなら、ちょっと高めのランチに行った方がはるかにマシだと思っていた。
その考えは、今でも変わりはないが、今では、15年前とは大きく違い、高級フレンチレストランのほとんどが、ランチでも一食一名3万円となってしまった。
昔は10,000円でお釣りが来るほどだったのだけど、、、

-LIFE STYLE:ライフスタイル, LUNCH:ランチ, MARK'S LIFE:日常

© 2021 Mark's LIFE