ポルシェ(カレヤン)

3ヶ月ぶりに“そら”開く

7月下旬、地元に車で行き、その際、祖父母の家に置かせてもらっていたカレヤン(Porsche911)のハードトップ(車の屋根)を持ち帰ったのだが、置き場所が定まらず、屋根につけたまま早3ヶ月が経っていた。 夏が過ぎ、日差しが和らいできたこともあり、そろそろ“そら”を仰ぎたくなってきたので、いよいよ昨日、手伝ってもらいハードトップを取り外した。 結局、置き場所は、車庫の隅っこに立てかけ、ロープで固定してヨシとした。 オープンカーというものの印象として、 真夏に屋根を開けて爽快に走る と、思っている人が多いと思 ...

往復1200kmのドライブ

1年4ヶ月ぶりに、地元浜松へ行った。4月の末に、じいちゃんが亡くなったのだが、葬式へも四十九日へも行かなかったのだ。「盆に来る?」と聞かれたが、混雑しすぎていて、さすがにお盆には行きたくないので、今月行くことにした。 今回は、じいちゃんが亡くなったことで、車庫の整理をするとのこと。車庫には、車だけじゃなく、工具や機材がたくさん置いてある。その車庫の奥に、うちのカレヤン(Porsche911)のハードトップを置かせてもらってあったのだが、こいつをいい加減に取りに行かなければならないといけないと思っていたので ...

話題とは違う意味での年金問題

年金問題といえば、世間で言われるのは「財源確保」とか「支給額が減るとか」「受給年齢の引き上げ」など、 もらう側の事ばかり まあ、日本の年齢比率からして、老人ばかりなので、老人も若者も同じ1票であるのなら、数の多い方に寄り添うのが、得票数で決まる政治家の宿命だろう。 とはいえ、本当にそれでいいのだろうか?働く側の負担は、どんどん増えている。ほとんどの人たちは気が付いていないだろうが、年金の支払額は、ほんの少しづつ上げられ続け、水から煮られているカエルのように、働く人々の首をゆっくりと締め付けている。 サラリ ...

我慢できずに、開けてしまった!その結果・・・

今日は、カレヤンで出かけた。花粉予想は「やや多い」一時期よりも、減ってきているとはいえ、まだまだ花粉の飛散量は多い。そのため、春の間、車の屋根は開けず、さらに内気循環のままにしていた。だか、今日は、締め切っていると暑い。そのため、少し、エアコンをかける必要があるほどだった。 反対車線を、黄色いスポーツカーが走ってきた。HONDA S660である。屋根が開いている。「気持ち良さそー」それを見た後、ウズウズしてきた。屋根を開けたくてたまらない。しかし、屋根を開ければ、花粉地獄にさらされてしまう。迷う、迷う、迷 ...

ポルシェに乗ってわかったこと

所有してからわかったこと、それは、ポルシェという車の凄さ。自分が所有したことのある車としか厳密には判断することはできないので、難しいところだが、まず、明らかに素晴らしかったのが、地味だが収納の広さだ。 スポーツカーというものは、収納を犠牲にしてエンジンルームを広くしたり、スタイルのために収納や、強いては車内空間まで犠牲にするものである。しかし、この車は違った。 美しいシルエットとコンパクトなボディーを持ち、さらに、4人乗りでありながら、国内線の機内持込サイズのキャリーケースが悠々と入るトランクがあり、さら ...

ポルシェのコスト

ポルシェに乗るにあたって、気になることといえばコストだろう。僕の車は、2000年製造なので、現時点で19年落ちだ。比較するために、僕の奥さんの車の話題も少し。奥さんは、Type997という僕のよりも一つ新しい2008年型carreraに乗っている。 僕たちの2台を比べてみると、日常的なコストは、やっぱり僕の方がかかっている。その分、車両購入価格は安い。 僕が分析した結果によると、実は、新しいTypeでも、古いタイプでも、かかるコストはあまり変わらないで、ある程度一定しているように思えるのだ。 僕のコストは ...

カレヤン、とうとう愛媛人になる

愛媛に来て1年半、この間、カレヤンはずっと品川ナンバーのままだった。 すぐに変更しなかったのは、その〜、あの〜、やっぱりステータス性だろうか。。。 昔、浜松に暮らしていたころ、品川ナンバーをテレビでよく見ていた。 僕の頭の中に強く刻まれているのが「西部警察」である。   スカイラインやフェアレディーZに付いてたナンバープレート、それが「品川ナンバー」である。 そして、品川ナンバーがつくのは、中央区、港区、千代田区、品川区、渋谷区・・・ 要するに、品川ナンバーの車と言うのは、東京のど真ん中に住んで ...

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.